日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$Gjお盆(8月13日〜16日)
 
ご先祖様の霊をお迎えします
 
◆盆飾り
迎え盆の日は、迎え火を焚くまでに、さまざまな飾りやお供えを準備しておくのがならわし。近所にお墓がある場合は、きれいに掃除をしておきます。家もきれいに整えておきましょう。ご先祖様も喜んでくれますね。

 
だんご
地域によりますが、お供えの食べ物は毎日変わります。13日はあんこつきの「お迎えだんご」をお供え。14日はおはぎ、15日はそうめん、16日は「送りだんご」という白いだんごが一般的。
 

とくに決まりはありませんが、ききょうや萩、仏教でよく見られるはすの花を飾るところは多い様子。また、ほおずきはその丸い形が「ご先祖様の道を照らすちょうちんになる」といわれているそう。季節の花をアレンジしてもいいですね。
 
精霊馬(しょうりょううま)
きゅうりの馬に、なすの牛。足は割り箸を使います。ご先祖様は、迎え盆には「早く着くように」きゅうりの馬に乗って、送り盆には「ゆっくり帰る」ためになすの牛に乗るそう。また、きゅうりの馬に乗り、なすの牛には荷物をのせてこの世とあの世を行き来する、という説もあります。
 
◆精霊棚
「盆棚」とも呼ばれます。お盆の間、家に迎え入れた先祖の霊は、精霊棚に祭ります。精霊棚は、迎え盆の日に設置するのが一般的で、仏壇のそばや、縁側に設置するそう。地域や宗派によって、飾りつけなどの違いが見られます。

 
位牌
仏壇に祭ってある位牌を置き、位牌がいくつかある場合は並べます。位牌の前には、ご先祖様の大切な「足」となる精霊馬を置いて。
 
ろうそく
位置などはさまざま。棚の上をほんのりと照らすろうそくの灯は、見ていると心が静かに、落ち着きますね。
 
笹竹
神事に用いられる笹竹を立てることで、神聖な空間であることを示します。これも、地域によります。
 
お供え
お供えは、おだんごなどのほかに、季節の果物や砂糖菓子、故人の好きだった食べ物などを。花も添えましょう。
 
ミズノコ
ミズノコを、いもやはすの葉にのせます。ミズノコがないときは、器に水をいれたものをお供えしてもOK。
 
位牌がない場合は・・・
仏壇が自宅にないなど、位牌がないときは、簡単な精霊棚を作ってみましょう。小さなテーブルの上に和紙を敷き、お花や水、精霊馬などを並べます。季節の果物などをお供えしてもいいでしょう。線香のかわりにお香でもいいそう。これなら気軽にできますね!
 
←前ページ→|次ページ→
 

ご先祖様の霊をお迎えします(1)
ご先祖様の霊をお迎えします(2)
もっと知りたい!お盆のいろいろ
 

$Gw家族の集まりには定番ドリンク!
なっちゃん
DAKARA
ビタミンウォーター
 

サンモバこよみ8月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.