日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$Gjお盆(8月13日〜16日)
 
ご先祖様の霊をお迎えします

期間に違いはありますが、お盆のやり方はほぼ全国共通の様子。
 
先祖の魂を迎えて、供養する行事です。もとは、インド、中国をへて飛鳥時代に日本に伝わった仏教の行事。これが、日本古来から行われている、先祖の霊を祭る行事や収穫祭、水神祭などと結びつき、現在の形になったといわれています。13日に迎え火を焚き霊を迎え、16日には送り火を焚いて見送ります。地域により、期間が異なります。
 
◆迎え盆
13日はお盆の初日。「お盆の入り」ともいいます。迎え火を焚き、ちょうちんをつけて先祖の魂を家に迎えます。先祖のお墓が近くにある場合は、お墓の前でちょうちんや灯籠を灯す場合もあります。

 
迎え火
先祖の魂が道に迷わず家に来られるように、目印に焚く火。家の前や近くの道で、麻幹(おがら)や稲わらを、たいまつのように立てて土器にのせ、燃やします。これを、家の人が外から内に入るようにまたぐと、先祖の霊を迎えいれたという意味になります。いよいよご先祖様がいらっしゃいました!
 
ちょうちん
火を焚けない場合は、家の入り口にちょうちんを下げます。「盆ちょうちん」といって、きれいな図柄が入ったものも多く見られ、この時期、夕方の住宅街はちょっぴり特別な雰囲気に包まれます。
 
麻幹(おがら)ってなに?
迎え火に使う麻幹は、麻の茎を乾燥させたもの。日本古来の家屋に見られる「茅葺き屋根」に使われています。ちなみに、迎え火でできた灰をタンスの中にいれておくと、虫よけの効果があるという言い伝えもあるそうです。
 
読める?「盂蘭盆会」
正解は「うらぼんえ」。お盆の正式な呼び名です。盂蘭盆会とは、古代インドのサンスクリット語、「ウランバナ(大変な苦しみ、逆さ吊り)」からきています。釈迦の弟子である目連が、地獄に落ち苦しむ母を救うため祖先の霊を供養したことが「盂蘭盆会」に由来しているそう。
 
次ページ→
 

ご先祖様の霊をお迎えします(1)
ご先祖様の霊をお迎えします(2)
もっと知りたい!お盆のいろいろ
 

$Gw家族の集まりには定番ドリンク!
なっちゃん
DAKARA
ビタミンウォーター
 

サンモバこよみ8月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.