日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$Gc土用の丑の日(7月20日頃)
 
街のあちこちから、うなぎが焼ける香ばしいかおりが漂います。ああ、お腹がすいてきた!
 
雑節のひとつ。一年を五行説にあてはめ、春は木、夏は火、秋は金、冬は水として、あまった土を季節の変わり目に置いたのです。土用は立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間。本来は年4回ですが、現在は立秋前の土用のみをさします。丑の日は、土用の期間にある丑の日。土用の間に2回くることもあるのです。待ち遠しいですね。
 
うなぎを人気者にしたあの人
日本中にうなぎを広めたのは、なんとエレキテルで有名な蘭学者、平賀源内。「丑の日に"う"のつく食べ物を食べると、元気に過ごせる」という言い伝えから、知人のうなぎ屋さんの店先に「本日土用丑の日」と書いた紙をはったところ、店はお客でフル回転となったそうです。以来、土用の丑の日には、まず「うなぎ」と定着しました。
 
「う」のつく食材で元気に!
丑の日は、うなぎはもちろん、梅干し、うどん、うり(きゅうり、スイカ)など「う」のつく食べ物を食べると夏バテしないそう。気になる「うなぎと梅干しの食べ合わせ」も、現在ではなにも根拠がないといわれています。うなぎは、関東が背開き、関西は腹開き。たれのつけ方や焼き方も異なるそう。いろいろな地域の「う」食材、食べ比べてみたいですね。
 

$Geお食事と一緒にいかがですか?
サントリーウーロン茶
伊右衛門
黒烏龍茶
 

サンモバこよみ7月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.