日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$Pk七夕(7月7日)
 
七夕にまつわる、あれこれ

短冊の書き方や七夕の食事など、七夕がもっと楽しくなる豆知識!
 
七夕飾りはいつ飾るの?
6日の夕方に軒下などに飾り、7日の夕方にははずします。ほんの少しの時間しか飾らないのですが、これがならわし。昔は、この笹竹や短冊を川に流し、厄ばらいとしていました。現在も、その風習が残っているところもあるそうです。
 
願い事は、「墨」で
短冊に願い事を書いて笹竹にささげるようになったのは、江戸時代の寺子屋に通う子どもたちからのお話だそう。当時は、書道の上達をお願いしていたとか。また、里いもの葉にたまった夜露で墨をすり、その墨で願い事を書くと、字が上達するといわれています。昔にならって、墨で願い事を書くのもいいですね。
 
有名な七夕飾り
日本各地でさまざまな七夕祭りが開催されます。なかでも有名な「仙台七夕祭り」は、毎年ニュースなどでもその豪華な飾りを目にすることができます。もともとは、たびたび起こった冷害を乗り越えようと、田の神様に豊作を祈願するお祭りでした。ほかにも神奈川県の平塚、愛知県の安城の七夕祭りも有名です。
 
「天の川」って?
英語では「ミルキー・ウエイ」。夏の夜空を見上げて、ぼんやりと雲の帯のようなものが見えたら、それがきっと天の川です。天の川は、約2,000億個もの星の集まる銀河系の一部。冬の空でも見ることができますが、夏の天の川は、冬に比べるとずっと明るいそう。しかし、街灯やネオンなどの光に満ち、夜も明るい街中ではなかなか見ることができないのが実際です。なるべく、人工の明かりがないところで夜空を探してみましょう。
 
旧暦の七夕で、もう一度会える?
新暦の7月7日は、ほとんどのところがまだ梅雨の真っ最中。空は雨かどんよりした曇り空…。せっかくの天の川も見られない年が多いのです。でも、旧暦の七夕なら晴天の確立がグンと高くなります。旧暦の七夕は、新暦の8月上旬。昔の人と同じ日に、同じように夜空を見上げるのもすてきです。もう一度織り姫と彦星を探すチャンス!
 
七夕といえば、「七夕そうめん」
七夕の行事食は、夏の定番メニュー、そうめんなのです。白いそうめんに、かつて織り姫のために供えられたという、5色の糸に見立てた5色の具を添えます。そうめんは天の川、また織り姫が紡ぐ糸をあらわすともいいます。具は、5色を意識して、好きなものをアレンジして作りましょう。
 
「星」がつく花を飾ってみる
七夕を意識する花を飾るのもおしゃれです。最近人気なのは、カーネーションの仲間「スターチェリー」と「スターローザ」。どちらも名前に星がついて、七夕にぴったり。ビビッドなピンクのスターチェリーに、スターローザは対照的な淡い桜色。どちらも愛らしい!
 
水の神様にも感謝をささげる日
古来日本では、この日「ねむり流し」(「ねぶた流し」とも)と呼ばれる行事がありました。水辺で髪を洗い、子どもや牛に水浴びをさせ、お盆の前にけがれを落としたのです。また、飾りつけた笹竹は7日に川などに流し、「七夕流し」、「七夕送り」として厄をはらいました。青森の「ねぶた祭り」や、秋田の「竿灯」などの有名なお祭りは、この行事がルーツとなっているそうです。
 
←前ページ
 

"星"が主役のロマンチックなお祭りです
七夕飾りはにぎやかに!(1)
七夕飾りはにぎやかに!(2)
七夕にまつわる、あれこれ
 

$Gwお子様のおやつの定番!
なっちゃん
DAKARA
ビタミンウォーター
 

サンモバこよみ7月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.