日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
おぼえておきたい暮らしのコツ
 
夏のお弁当対策を知りたい!

食べ物の傷みやすい梅雨から夏の時季。とくにお弁当はつくってから食べるまで時間をおくため、持たせる側も気がかりですよね。せっかくのお弁当、できれば傷みは少しでも避けたいもの。そこで、より安心なお弁当ができるポイントを紹介します!
 
 
おかずの汁気はなるべくカットする
食材を傷める菌は水分が多い場所で繁殖しやすいため、汁気のあるおかずは要注意。煮汁が出やすい煮物は煮詰めるなどし、焼き物や揚げ物でもでき上がりを一度ペーパータオルなどに置いて汁気をカット。ドレッシングやソースは別容器に入れ、食べる直前にかけるようにします。
 
 
お弁当の中身はすべて加熱したものにする
どんな食材も必ず火をとおしてから。とくに練り製品や生野菜は傷みやすいのでそのままは厳禁。火のとおりにくい食材は、小さく切ったりスライスしたりと工夫して。サンドイッチも加熱した具にし、パンと別に持っていくこと。
 
 
温かいものは冷ましてから詰める
ご飯やおかずを熱いまま詰めてフタをすると、湯気が水滴となって弁当箱の中が細菌の大好きな高温多湿の状態に。よく冷ましてから詰めましょう。冷めにくいご飯などは、大きめの器に広げ、急ぐときは器の下に保冷剤を敷いてもOK。
 
 
おかず同士が触れ合わないよう、しっかり仕切る
違う食材が接すると変質や傷みの原因に。1種類ずつカップに入れるか、アルミ箔などでしっかり仕切りをしましょう。主食にも、炊き込みご飯やチャーハンなど味つけしたご飯や具が入っているものや、ご飯の上に卵やそぼろなどの具をのせるのも、できれば避けて。
 
 
弁当箱はパッキンまでよく洗う
食べ終わった弁当箱はパッキンまではずしてよく洗うこと。できれば洗ったあと、耐熱温度を確かめて熱湯消毒するとよいでしょう。とくにパッキンはカビが発生しやすいため、休みの日には弁当箱ごと漂白殺菌をするのがおすすめ。
 
←前ページ
 

酢の物を上手につくりたい!
夏のお弁当対策を知りたい!
 

$Gj夏はサッパリした飲み物をどうぞ
なっちゃん
Gokuri
 

サンモバこよみ7月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.