日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$Pk花火大会(7月下旬〜8月上旬)
 
楽しみ方いろいろ、花火の種類
 
花火の基礎知識です。花火鑑賞がもっと楽しくなりますよ!
 
打ち上げ花火
打ち上げ方は1発ずつあげる「単打」、順次あげる「早打」、「連発」の3種類。「菊」や「牡丹」など、打ち上げ花火一発ごとにつけた名前を「玉名」と呼びます。
 
割物
勢いよく、きれいな球を描いて開く花火。「菊」や「牡丹」が代表的。内側に芯が入り、二重の球になる「芯入り」は高級花火だそう。
 
ポカ物
「ポカッ」という音とともに、中の星や仕掛けが飛び出し、四方に散っていく花火。「蜂」や「飛遊星」など、動きがある花火。
 
半割物
割物とポカ物の両方の特徴を持った花火。豪華な花がいくつも開く「千輪菊」や、バリバリという音が迫力の「椰子」が代表的です。
 
昇り曲
空に上る途中に、小花を咲かせたり音を出したりと、上昇中の様子も楽しめる花火。ピィーと音を立てるものを「昇笛付」と呼びます。
 
仕掛け花火
ある場所に仕掛けて破裂させるのが仕掛け花火。竹筒を利用した「立火」、火薬燃焼の推進力で回す「回転物」、水上に浮かべる「水中物」など、さまざまな仕掛けがあります。
 
枠物
地上に組み立てた図案にあわせて火薬筒をセットし、火で絵や文字を描く花火です。
 
張り物
ロープなどを使って、導火線で連結した花火。「ナイアガラ」、「富士山」などが代表的ですね。
 
「たまやー、かぎやー!」の掛け声の由来
両国川開きで、「鍵屋」の花火が江戸中で大評判となり、一躍有名に。その後、鍵屋の七代目が分家して「玉屋」を始め、両国川の花火大会では、上流は玉屋、下流は鍵屋と技術を競い合ったそう。人々は、それを眺めながら掛け声をかけていました。その後、玉屋は大火事を出して一代で江戸から追放。この掛け声は、江戸時代からの名残なのです。
 
花火玉のミニうんちく
花火玉は2号から40号まであります。ちなみに、5号玉は約15cm。これを打ち上げると、上空190〜200mに到達し、開くとなんと、直径約180mにもなるそうです。野球などのスタジアムを上から見たものと同じくらいの大きさというから、驚きですね。
 
「昼花火」と「夜花火」
花火といえば、夜空に開く「夜花火」が思い浮かびますが、「昼物」とも呼ばれる「昼花火」もあります。一般的なのは、運動会などイベントで使われる「号砲」、「弾雷」などの音花火。号砲はドン!と一回、弾雷はドンドン!と何度か連続して音が出ます。
 
←前ページ
 

夏の夜空を彩る、きれいな花火!
楽しみ方いろいろ、花火の種類
 

$Gg花火のお供にどうぞ
ザ・プレミアム・モルツ
金麦
オールフリー
 

サンモバこよみ7月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.