日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$OG入梅(6月10日頃)
暑さ前の長雨シーズン、到来
 
梅雨は、旧暦では5月。「五月雨」とは、この時期の雨をさします。
 
雑節のひとつ。暦の上ではこの日から梅雨に入ります。とはいえ、本格的な梅雨は、まだもう少し先のこと。気象庁の「梅雨入り宣言」などが目安にされています。雨ばかりの天気では気分も沈みがちですが、このころから始まる田植えにとっては、恵みの雨。農作業においても、この日はひとつの目安となる大切な日なのです。
 
 
なぜ、雨に「梅」がつくの?
丸々とした梅が実るころに降る雨だから、「梅雨」。「つゆ」と読むのは、「露」からの連想だといわれています。また、カビが発生しやすい季節でもあるので「黴雨」と書くこともあるそう。これでは、イメージがまったく異なりますね。
 
てるてる坊主はどこから来たの?
てるてる坊主の由来は、手に持ったほうきで雲を払い、晴れの気を呼ぶといわれる、中国の「掃晴娘」。本来は女の子だったのです。日本では、僧侶などが日乞いをしていたため、男性に姿が変化したそう。現在の中国では、あまりこの習慣は見かけない様子。日本では、子どもたちが遠足などの前日に作っていますね。
 
なぜ雨が降り続くの?
この時期、東南アジアで見られる気象状況。大陸の冷たい高気圧と、太平洋の暖かい空気がぶつかり、大気の状態が不安定に。そこで発生した梅雨前線が停滞するので、雨が続くのです。雨の日でも蒸し暑い日と涼しい日があるのは、ふたつの気圧のせめぎあいのため。
 
 
湿気対策もぬかりなく
エアコンや除湿機、扇風機や換気扇を使って、室内の空気を動かしましょう。洗濯物を室内に干すなど、ただでさえ湿度が上がってしまうこの時期、油断するとカビの発生を許してしまいます。こもりやすい押入れやクローゼットなどは、扉を開けて扇風機の風をあてるだけでも効果的ですよ。
 
 
食べ物にも注意しましょう
食中毒のシーズン到来。調理器具やキッチンはつねに清潔に、調理前は手を消毒しましょう。冷蔵庫も、食材をいれすぎると冷蔵効果が落ちてしまいます。また、殺菌作用の高いお酢も、ぜひ活用して。おかずを詰める前にお酢でお弁当箱をさっとふいて消毒したり、お米を炊くときにまぜて炊くとご飯が傷みにくくなるそう(米2合に大さじ1杯弱)。
 
 
体にいい!「梅」を食べよう
強い抗菌力を持ち、疲労回復に効果があるクエン酸をたっぷり含んだ梅。昔から、梅酒や梅干しなど、保存食として活用されています。今は梅を使うレパートリーも増え、料理はもちろん、はちみつや氷砂糖に漬けたシロップやジャムなど、スイーツにも登場。ちなみに梅干しを作るときは、黄色く熟した梅を使います。
 

$G.サントリーの健康食品で梅雨を乗り切ろう!
サントリーウエルネス モバイル
 

サンモバこよみ6月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.