日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
覚えておきたい!暮らしの基本
 
室内干しで早く乾かしたい!

雨の日が続くと、洗濯物を室内に干す日も多くなりますが、干す時間が長くなるほどイヤなニオイが気になってくるし、部屋のあちこちに洗濯物がぶら下がっているのは、なんとなくいい気分がしないもの。そこで、なるべく早く洗濯物を乾かすコツをご紹介します。
 
 
干す前にタオルで水気を吸い取っておく
洗濯機で脱水が終わったら、乾いたバスタオルにはさんで押さえるなどして、水気を吸い取ってから干しましょう。これをするだけでもかなり水気が少なくなるので、それだけ乾きも早くなります。
 
 
厚手のものと薄手のものを交互に干すと風の通りがよくなる
室内干しでいちばん気にかけたいのは、いかに洗濯物の間に空気の通り道をつくるかということ。厚手のものばかりを並べて干すと、洗濯物同士の密着度が高まり、風が通りにくくなってしまいます。厚手のものと薄手のものを交互に干せば、自然とすき間ができるので、乾きがよくなります。
 
 
小物干しのピンチは1つおきに使って
小物干しも、ピンチはすべて使わずに1つおきに使って風の通りをよくしてあげて。また、ふきんなどはたたまずに風の当たる面積をなるべく大きくすると、より乾きも早くなります。
 
 
ボトム類は裏返して筒干しにすると、乾きが早くなる
パンツなどのボトム類は、前後を重ねずに筒干しにすると、内側にも風が通るので、より乾きが早くなります。また、干すときは裏返しにすると、ポケットなどの立体的な部分の布にも風が当たるので、全体をまんべんなく乾かすことができます。
 
 
新聞紙を洗濯物の下に敷いて干せば、湿気を吸い取ってくれる
洗濯物をずらっと並べてしまうと、それだけで部屋に湿気が充満してしまい、より乾きが遅くなります。これには吸湿性に優れた新聞紙がお役立ち。クシャクシャにして洗濯物の下に敷くと、洗濯物の水分を吸ってくれるだけでなく、室内のジメジメも緩和されます。
 
 
エアコンのドライを使って、風の流れをつくる
ジメジメとともに暑さも不快に感じる日は、エアコンのドライをフル活用。風がかかる吹き出し口の近くに洗濯物を干して。スペースが限られてくるので、厚手の綿製品など乾きにくいものをなるべく吹き出し口の近くにするなど、配置を考えることも大切です。
 
←前ページ
 

重曹を使った掃除方法が知りたい!(1)
重曹を使った掃除方法が知りたい!(2)
室内干しで早く乾かしたい!
 

$Gd家事の合間にどうぞ
サントリーウーロン茶
伊右衛門
ザ・ヨーロピアン ジャスミンティー
 

サンモバこよみ6月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.