日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$OGお中元(7月上旬〜15日)
 
時期をはずさずに贈る。送り状、お礼状も忘れずに

お中元は7月上旬から15日までに贈ります。かつて、この時期に、祖先の魂を祭るために一族が親元に集まった際、それぞれが持ち寄った捧げ物がお中元の贈り物の起源です。関西では旧盆の7月下旬から8月15日までを、お中元の期間としています。
 
贈る相手は、両親、親戚、仲人、勤務先の上司、習い事の先生などです。かつては持参するものでしたが、現在では託送するのが一般的です。はがきでいいので、送り状を出すようにしましょう。また、いただいたらお礼状を。
 
<POINT>
 
金額の目安
3000円〜5000円
 
水引
紅白蝶結び・のしつき
 
表書き
「御中元」
 
お返し
不要。礼状を出す
 
お中元とお歳暮
お中元・お歳暮は両方贈らなければならないというものではありません。負担が大きければ、お歳暮だけにしてもかまいません。また、お中元、お歳暮は継続して贈るものなので、その時期にお世話になった人にお礼をしたいという場合は、「御礼」や「感謝」として贈ったほうがよいでしょう。
 
次ページ→
 

お中元のマナー
お中元Q&A
 

$Ggお中元にはプレミアムビールを
ザ・プレミアム・モルツ
 

サンモバこよみ6月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.