日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$Gn端午の節句(5月5日)
元気に、たくましく!
願いをこめた鯉のぼり

 
ゆうゆうと空を泳ぐ鯉のぼり。昔は庶民の憧れだったのです。
 
五節句のひとつ。古代中国には、この日に厄よけのよもぎや菖蒲でけがれを落とす行事がありました。日本にも田植え前に女性が家にこもり、身を清める行事が。これらが結びついたのが端午の節句のはじまり。江戸時代には、菖蒲=「勝負・尚武」として、男の子色の強い行事となりました。この日は「こどもの日」でもありますね。
 
 
鯉のぼり
江戸時代、武家では男児が生まれたことを、のぼりをあげて知らせました。これをまねた町人たちが、紙で鯉を作ったことが鯉のぼりのはじまりだそう。
 
矢車
竿の先で、風に吹かれると音を立てて勢いよくまわります。このカラカラという音が、魔よけにもなるそう。
 
籠玉
竿の先についた、丸い飾り。神様が降りてくる目印といわれています。
 
吹き流し
五行説にちなむ五色の吹き流し。「仁、義、礼、智、信」の五常の心を表すとも。
 
真鯉
「鯉は滝をのぼると竜になる」という話から、鯉は立身出世の象徴。江戸の町人たちは武家の風習をアレンジして、鯉をのぼりにすることを思いついたのです。
 
緋鯉
それまでは真鯉のみ。明治時代から、緋鯉が対であげられるようになったそう。
 
子鯉
昭和時代は、鯉のぼりは「家族」をあらわすように。子どもの鯉が加わります。
 
女の子を意識した子鯉も登場
昔は黒か青だったのが、最近はグンとカラフルに。女の子を含む、家族全員でこの日をお祝いするところもあることから、オレンジなど女の子を意識した色も登場しているそう。
 
次ページ→
 

元気に、たくましく!願いをこめた鯉のぼり
鎧兜と五月人形
菖蒲の使い方、あれこれ
 

$Gwお子様のおやつの定番!
なっちゃん
DAKARA
ビタミンウォーター
 

サンモバこよみ5月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.