日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$GPお花見(3月下旬〜4月上旬)
さっそくお花見に出かけましょう!
 
「花よりだんご」もいいけれど、主役は桜。美しい姿を心にとめて。
 
 
$GP事前の場所取り3つのコツ
昔から愛されてきた桜。人々は、桜をさまざまに表現しました。そこで、桜がつく言葉がいくつも誕生したのです。たとえば、花びらが風に舞う様子をさす「桜吹雪」、水面に映った桜を「桜影」、お花見は「桜狩り」、夜、満開の桜がぼんやりと明るい様子をさす「桜明かり」、水に浮かんだ桜の花びらをさす「花筏」…。まだまだたくさんあります。情緒あふれる、桜のことば。調べてみるとお花見がいっそう楽しくなりそう!
 
$GP夜桜も、ひと味違う美しさ
最近は、ライトアップを行うところも増えてきました。夜空に白く浮かぶ桜は、昼間の桜とは別の表情。ひときわ美しく映えます。昼と夜、両方見比べてみるのもすてきですね。とはいえ、まだまだ夜風が冷たい4月。防寒アイテムは忘れずに持っていきましょう。
 
$GPブランケットなど
夕方近くなるころから、グンと冷え込むこともあります。防寒用に、ひざかけやブランケットを何枚か用意していくと便利。はおったり巻いたりと、好きな使い方ができます。桜に似合う、かわいい柄を選ぶと、より気分も盛り上がりそう。
 
$GP花ござ
敷き物はビニールシートが定番になりつつありますが、実はNGなのです。浅く根をはる桜が呼吸困難になるのだそう。桜にやさしい、ござを用意しましょう。また、桜の根を傷つけないように注意。根が見えている部分には座らないようにするのもマナーですね。
 
$GPお弁当
花見弁当は、手作りでがんばりたいところ。メニューは、おにぎり、いなりずしが圧倒的人気。桜にあわせて、華やかな彩りのちらしずしも上位に入ります。さまざまなオードブルを詰め合わせて、洋風弁当にアレンジしてもおしゃれですね。
 
$GPマナーを守って楽しみましょう
桜の美しさに舞い上がって、はしゃぎすぎは考えもの。ほかの人も楽しく見物できるよう、大騒ぎは禁物です。帰る際に、ごみを持ち帰るのも基本ですね。なにより、桜に「ありがとう」の感謝の気持ちを持てば、お花見はもっと充実しそうですね。
 
←前ページ
 

日本古来からの楽しみ、桜見物(1)
日本古来からの楽しみ、桜見物(2)
さっそくお花見に出かけましょう!
 

$Ggお花見にはもちろんビール!!手作りハイボールもオススメ!
ザ・プレミアム・モルツ
サントリー ウイスキーポータル
ビール・発泡酒・新ジャンル ポータルサイト
 

サンモバこよみ4月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.