日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$OGひな祭り(3月3日)
ひな人形や五月人形を
贈るなら1カ月前までに
 
初節句の飾りは母方の実家から贈るならわし
 
女児は3月3日の桃の節句、男児は5月5日の端午の節句、赤ちゃんが初めて迎える節句が初節句です。
初節句の飾りは男女にかかわらず、母方の実家が贈るのがならわしでした。少子化の今は、双方の祖父母が飾りを贈りたがることも多いもの。しきたりにこだわらずに、両家で相談をして重なりがないようにすればよいでしょう。祖父母からは現金を贈って、両親が飾りを買いそろえるようにするのもトラブルを防ぐうえでもよい方法です。
 
食事は、ちらしずしとはまぐりの吸い物、白酒を用意すれば十分でしょう。食器は高級なものでなくていいので、箸置きを使い、吸い物はふたのついた椀によそいます。「ふたを開けるときは、右手でふたをつかみ、左手で椀の外側を押すと開くのよ」など、和食のマナーを教えながら食事を楽しむといいですね。もちろん大人も勉強してから臨むようにしましょう。
 
初節句のひな人形や五月人形は1カ月前くらいに飾るので、人形を贈るなら、遅くとも1カ月前までに贈ります。お祝いは、双方の祖父母や家族を中心に身内で祝うケースがほとんどです。
祝い膳は、桃の節句はちらしずしにはまぐりのお吸い物が定番。祝い酒は長寿をイメージする白酒を用意し、ひしもちやひなあられ、よもぎもちを添えます。端午の節句には決まったものはありませんが、赤飯や巻きずしを中心に、ちまきや柏もちを添えます。
 
POINT
いつ贈る?
1週間前まで、または当日。人形は1カ月前までに。
 
金額の目安は?
5,000〜300,000円
 
水引は?
紅白蝶結び・のしつき
 
表書きは?
「御祝」
 
お返しは?
基本的には不要。祝宴に招いてもてなす。ひなあられやちまきをお土産に
お返しは基本的には不要だが、祝い膳でもてなしても
 
 
子どもの成長に伴うお祝いは、冠婚葬祭の「冠」にあたり、「冠」に関するお祝いのお返しは、基本的には不要です。いっしょに祝い膳を囲んでもてなすことが「お返し」になります。
 
お返しをするなら、桃の節句ではちらしずしやひなあられなど、端午の節句では赤飯やちまき、柏もちなどをお土産として渡します。遠方の親戚などからお祝いをいただいた場合は、初節句から1週間以内にお菓子などを、紅白蝶結びののし紙に表書きは「内祝」とし、子どもの名前で贈ります。
 
←前ページ|次ページ→
 

「上巳の節句」が江戸時代から庶民の行事へ
女の子たちをレディーとしてお迎えする日。正しいマナーでひな祭りパーティーを
ひな人形や五月人形を贈るなら1カ月前までに
初節句Q&A
 

$Gwお子様パーティーの定番はこちら!
なっちゃん
DAKARA
ビタミンウォーター
 

サンモバこよみ3月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.