日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
$OGひな祭り(3月3日)
女の子たちをレディーとして
お迎えする日。
正しいマナーでひな祭りパーティーを
 

 
女の子のいる家庭なら、お友達を招いて「ひな祭りパーティー」を開いてみては?幼稚園や小学校低学年の子どもなら「マナー事始め」をしてみるのもすてきなことです。招待状には「当日は、みなさんをレディーとしてお迎えしたいと思います。おしゃれをしてきてくださいね」と書き、正しいもてなしのマナーでお迎えしましょう。もちろん、男の子を誘ってもかまいません。
 
食事は、ちらしずしとはまぐりの吸い物、白酒を用意すれば十分でしょう。食器は高級なものでなくていいので、箸置きを使い、吸い物はふたのついた椀によそいます。「ふたを開けるときは、右手でふたをつかみ、左手で椀の外側を押すと開くのよ」など、和食のマナーを教えながら食事を楽しむといいですね。もちろん大人も勉強してから臨むようにしましょう。
 
たんすの奥の晴れ着を着て集合!
せっかくなので、和服で集まってもらってはいかがでしょう。七五三のときの着物がたんすの奥に眠っているかもしれません。子どもでなくても、大昔の(?)女の子たちが晴れ着で集合するのも華やかなものです。せっかくのお節句、にぎやかに楽しみましょう。
 
←前ページ|次ページ→
 

「上巳の節句」が江戸時代から庶民の行事へ
女の子たちをレディーとしてお迎えする日。正しいマナーでひな祭りパーティーを
ひな人形や五月人形を贈るなら1カ月前までに
初節句Q&A
 

$Gwお子様パーティーの定番はこちら!
なっちゃん
DAKARA
ビタミンウォーター
 

サンモバこよみ3月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.