日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
覚えておきたい!暮らしの基本
生クリームを上手に泡立てたい!(1)
 
スポンジが焼けたら、次はデコレーションにチャレンジ!でも生クリームは扱いが難しいから、なかなかうまくできないことも…。基本の泡立て方を学べば失敗知らずに!
 

 
脂肪分が高い生クリームは、味にコクがあるものの泡立てすぎには要注意!
製菓用生クリームの乳脂肪分は35〜47%が一般的。35%程度のものは、泡立てるのに時間がかかりますが、軽くふんわりとした食感が楽しめます。40%以上のものは、生クリーム本来のコクと風味がグッと増します。低脂肪のものよりも短時間で泡立ちますが、泡立てすぎになるのも早いので、注意が必要です。
 
道具もクリームもしっかり冷やしてから。泡立ても冷やしながらが基本
生クリームは10℃以下で作業を行わないと、きめ細かでなめらかなクリームに仕上がりません。作業の直前まで、生クリームも道具もしっかり冷蔵庫で冷やしておき、作業中も氷水に当てて温度が上がらないように注意します。ボウルは熱伝導のよいステンレス製がおすすめ。生クリーム全体に氷水が当たるよう、少しボウルを傾けながら泡立てます。
 
←前ページ|次ページ→
 

スポンジケーキを失敗せずに焼きたい!(1)
スポンジケーキを失敗せずに焼きたい!(2)
スポンジケーキを失敗せずに焼きたい!(3)
生クリームを上手に泡立てたい!(1)
生クリームを上手に泡立てたい!(2)
生クリームを上手に泡立てたい!(3)
 

$Gdお菓子に合うお酒を探してみませんか
サントリーリキュール ポータルサイト
サントリー ウイスキーポータル
サントリー ブランデー
サントリー ワイン
 

サンモバこよみ2月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.