日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
鏡開き
1月11日
お餅を「開く」ってどういう意味?
 
お正月の間、お供えしておいた鏡餅をおろして、雑煮やお汁粉に入れて食べるのが鏡開きです。もとは二十日の正月納めの日に行われていましたが、江戸時代に、幕府や武家が鎧甲に供えておいた具足餅を食べる「具足開き(ぐそくびらき)」を十一日に定めたために、多くの地域でこの日に合わせて行うようになりました。
 
鏡餅は、刃物で切るのではなく、槌を使って開きます。これは、鏡開きが室町時代の武家の間で行われていたことから、刃物は切腹を連想させるといって、槌で砕き割ったことに由来するといわれています。「開く」というのは、末広がりに通じる、縁起をかつぐ言い方です。
 
餅には稲の霊が宿るため、食べると力が得られると考えられてきました。また、年神様へ供えた鏡餅をいただくことで、年神様の霊力を得られます。開いたお餅を家族といただきながら、一家の円満と繁栄を祈念しましょう。
 
次ページ→
 

お餅を「開く」ってどういう意味?
鏡餅の扱い方
カンタンお汁粉を作ろう!
 

$Gcお餅を使ったレシピ検索はこちら!
レシピッタ
 

サンモバこよみ1月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.