日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
大晦日
12月31日
 
大晦日の食事
 
◆年越そば
大晦日にそばを食べる風習は江戸時代以降のことで、由来には諸説あります。月末忙しい商家が食べた「三十日そば」や「細く長く」という縁起かつぎともいわれます。地域によっては、「つごもりそば」、「運気そば」、「福そば」、「寿命そば」などとも呼ばれます。また、讃岐うどんで有名な香川県の一部では、「年越うどん」を食べるともいいます。
 

 
◆年取膳
大晦日の晩、正式の食事をすることを年取といいます。昔は数え年だったので、年を越すことで1つ年をとるため、一家そろって年取の膳につき、尾頭つきの魚を食べたといいます。
 

 
←前ページ|次ページ→
 

大晦日の夜から新年がはじまる
大晦日にすること
大晦日の食事
除夜の鐘の回数となる人間の煩悩の数え方
 

サンモバこよみ12月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.