日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
大晦日
12月31日
 
大晦日の夜から新年がはじまる
 
各月の最後の日を「晦日」といい、一年の最後の日を「大晦日」といいます。あとは新年を迎えるだけの日です。
 
江戸時代までは、日没が一日の境目と考えられていました。つまり大晦日の夜、すでに新年ははじまっているのです。そのため大晦日の夜は、眠らずに年神様を待つ習わしがあります。うっかり寝るのを戒めるため、大晦日には、寝るとしわがよる、白髪になるなどの言い伝えがあります。
 
こうした風習を色濃く受け継ぐ地方では、大晦日の夜にごちそうを用意して新年を祝う習慣があります。
 
年越そばを食べる風習は意外と新しく、江戸中期からといわれます。これは、月末に忙しい商家が30日の夜にはそばを食べる、という習慣から生まれたようです。
 
過ぎゆく一年に思いを馳せつつ、除夜の鐘が鳴りはじめるのを聞けば、年神様を迎える新年はもうすぐそこです。
 
次ページ→
 

大晦日の夜から新年がはじまる
大晦日にすること
大晦日の食事
除夜の鐘の回数となる人間の煩悩の数え方
 

サンモバこよみ12月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.