日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
季節を楽しもう
[焼きイモは王さま]
 

 
ぴゅーっと冷たい風が吹く季節。ぎゅっと体を小さく縮めることが多くなります。そんな日が続くと食べたくなるのが、冬のおやつの王さま、あったかーい焼きイモです。思いだすのは幼いころに薪ストーブで作った焼きイモ。湿らせた新聞紙でサツマイモを一本一本包んでからアルミホイルでしっかりとくるみ、おき火になったストーブの中へポイッと放りこんで三十分から四十分。軍手で取りだしアルミホイルをはがしてポキッと折ると、中はきれいな黄金色! 茹でたり電子レンジで作ったりしたものとはひと味違い、ホクホクと香ばしく、しっとり。石焼イモやさんのようなおイモの香りが食欲を誘います。
 
わが家では庭で落ち葉を集めてたき火をしますが、あるとき思いついてアルミホイルでくるんだサツマイモを入れてみました。予想通り、ホクホクとした焼きイモのできあがり! それ以来、いつでも食べられるように、台所に転がしておくようになりました。
 
おいしい焼きイモの作りかたはいくつかありますが、中でも焼きイモ鍋がおすすめ。薪ストーブやたき火に負けず、ほっくほくになります。ジャガイモやトウモロコシ、タケノコなどもとても香ばしくなり、それまで食べていたものとは別のもののような味わいです。
 
薪ストーブ
薪を燃料とした暖房器具。調理ができるものもある。火のめんどうをみるのに手間はかかるが、直火の暖かさやインテリアの面で魅力的
 
おき火
火勢が盛んで赤く熱した炭火、おこし火をいう。また、薪が燃えたあとの赤くなったものもおき火という
 
焼きイモ鍋
鍋の底に小石を敷くものなどタイプがいろいろあるが、ガスコンロや七輪、ストーブの上などでも使えるものが便利
 
次ページ→
 

焼きイモは王さま
焼きイモの焼きかた
おイモのレシピいろいろ(1)
おイモのレシピいろいろ(2)
 

$Gc季節の料理をラクラク検索!
レシピッタ
 

サンモバこよみ11月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.