日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
おぼえておきたい暮らしのコツ
[秋の夜長にぐっすり眠る方法]
 
なかなか寝付けない、朝の目覚めが悪い、睡眠時間はそれなりにとっているのに日中に眠気を覚える…そんなちょっとした睡眠の悩みを解決する、質の高い眠りを得るための「快眠術」をご紹介します。
これで、「ぐっすり眠れて翌日もスッキリ快調!」な毎日を送れるハズ!!
 
るめのふろには眠気を誘う効果あり!
 

 
人間の体温には一日1℃ほど変化するリズムがあり、下がる温度が大きいほど眠くなります。夕方から徐々に下がるので、眠る少し前に38~40℃のぬるめの湯船につかって体温を一時的に少し上げて。入浴後10〜15分ほどで体温が下がるので、このタイミングでベッドに入るのがベスト。また、ぬるま湯には副交感神経を活発にし、リラックスできる効果も。
 
次ページ→
 

ぬるめのふろには眠気を誘う効果あり!
手足を振ることで血行がよくなり眠りにつきやすくなる
寝る前に飲むなら温かい飲み物がいちばん!
眠る前は暗めの明かりに
枕はアゴが上がりすぎたり引きすぎない姿勢になるものを選んで
 

$G.美容と健康をサポートします
サントリーの健康食品
 

サンモバこよみ10月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.