日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
季節を楽しもう
[秋の訪れ虫の声]
 

 
秋は涼しげな風に乗ってたくさんの虫たちの声が響いてきますが、秋の虫というとすぐに「スズムシ」を思いうかべます。見た感じは黒一色で小さくて地味な虫。でも一旦鳴きだすと大変身。ふるいたてたハート型の羽が奏でる歌は、予想をはるかにこえる大きな音。リリリリと一生懸命全身で歌います。小さな羽からどうやってそんなに大きな音が生まれてくるのか不思議で、いつまでもいつまでもかごの中をのぞきこんでしまいます。
 
秋の草原から聞こえてくるのは、スズムシのほかにはコオロギやマツムシ、カンタン、クツワムシなどの声。スズムシは羽をこすりあわせて鳴きますが、マツムシやクツワムシなどのバッタの種類は、後ろ足と羽をこすりあわせて鳴きます。都会でも、耳をすませば街路樹や電柱などの根元にある小さな雑草の中からたくましく生きる虫たちの歌が聞こえてきます。
 
虫の声を楽しむ習慣は、平安時代の貴族たちがはじまったそうです。江戸時代には虫の声を聞きながらお酒を飲んだり、詩を詠んだりする風流な「虫聴き」という会が行われていました。虫の声のような繊細な音を楽しめるのは、日本人ならではだと思います。
 
次ページ→
 

秋の訪れ虫の声
秋の虫たちと仲良くなろう
秋の虫たちいろいろ
秋の花と花言葉
 

$O+虫の声を楽しみながら一杯いかがですか?
サントリー ビールポータル
サントリー ウイスキーポータルサイト
 
$Gc簡単おつまみレシピはこちらで検索!
レシピッタ
 

サンモバこよみ10月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.