日本の催事と食を楽しむ
モバイルマガジン サンモバこよみ
 
十五夜
九月十五日ごろ
 
秋の収穫を供えて名月を愛でる
旧暦八月十五日の月を「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」といい、この日は満月を観賞する十五夜の祭りが行われます。中秋というのは、八月が旧暦の秋(七、八、九月)の真ん中にあるため。この日の月は一年でもっとも美しいといわれ、澄み切った秋の空とさわやかな気候は、戸外で月を観賞するのに恰好の環境でもあります。
 

 
十五夜の月を愛でる風習は中国から伝わったもので、日本でも、奈良・平安時代の宮中から「月見の宴」が華やかに催されました。庶民の間では、月に秋の収穫物を供え、五穀豊穣(ごこくほうじょう)に感謝する十五夜祭りが定着していきました。
 
月見のお供えは、ススキをはじめとする秋の七草、月見団子や芋、豆、栗、柿などの秋の収穫物が基本です。供える団子の作り方は地域によって異なりますが、お供えする数も、十五夜だから十五個、一年の月の数に合わせて十二個などとさまざまです。
 
また、秋といえばお芋のおいしい季節。とくに里芋は、一株で際限なく増えることから子孫繁栄を表す縁起物とされ、関東では蒸してそのまま食べる「衣かつぎ」に、関西では「煮っころがし」や「みそ煮」にしてお供えします。こうした秋の収穫に感謝の意を込め、十五夜の月を「芋名月」ということもあります。
 
次ページ→
 

秋の収穫を供えて名月を愛でる
秋の七草
月の形とよび名
 

$O+名月を愛でながらいかがですか?
ほろよい
サントリー ウイスキーポータルサイト
 
$Gc簡単おつまみレシピはこちらで検索!
レシピッタ
 

サンモバこよみ9月号TOP
サンモバこよみ最新号TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.