サントリーの環境活動
水資源の保全
●「水のサスティナビリティ」の実現に向けて
サントリーの主な事業は水や農作物といった自然の恵みに支えられています。「水と生きる」企業として、循環型社会の構築に貢献するために、サントリーでは、水を育む森を守り、水を大切に使い、きれいにして還す活動を強化しています。
 
●水を育む森を守る「水源涵養活動」を順次拡大
水を育む森づくりは、かけがえのない地下水(天然水)の持続可能性を守るための活動です。
サントリーでは、2003年から工場の水源にあたる場所を中心に、国や自治体と協働して長期的・科学的な視点に立った「天然水の森」活動を展開。
全国8府県9カ所でエリア固有の自然環境や、生態系に十分に配慮しながら、高い水源涵養活動機能を長期にわたって発揮できる森づくりを進めています。
→全国の天然水の森はこちら
今後、工場で使用する地下水量を上回る水の涵養をめざして、2011年までに水源涵養面積を7,000haまで拡大していく計画です。
 
●水を大切にするために水使用量の削減を強化
サントリーの工場では、商品の原料として使用する天然水以外にも、製造工程でタンク・配管などの洗浄や冷却用にも多くの水を使用しています。限りある水資源を大切にするために、省水化を徹底するとともに、水の再利用・循環利用技術(ピンチテクノロジー)などを導入。工場ごとに中期目標を設定し、水使用量の削減に取り組んでいます。
 
>>地球温暖化の防止へ

 
$E0サントリーの環境活動 TOP
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.