キャンペーン・イベント情報 東北エリア情報
 

【レポート】9月18日福島市で「サントリーチャレンジド・スポーツ体験教室」を開催しました!

サントリーグループの東日本大震災復興支援活動「サントリー東北サンさんプロジェクト」の一環として実施している「チャレンジド・スポーツ体験教室」。
今回は、9月18日に福島県福島市あづま総合体育館で開催。公募で集まった子どもから大人まで約150名が参加し、様々なチャレンジド・スポーツを体験しました!
当日の様子をレポートします。

■「サントリーチャレンジド・スポーツ体験教室」とは
「サントリーチャレンジド・スポーツ体験教室」は、サントリーが東日本大震災復興支援の一環として実施している活動です。
チャレンジド・アスリートとの触れ合いや競技体験を通して、より多くの皆さんにチャレンジド・スポーツに親しんでいただけるよう、地域の小中学生とその保護者を公募して実施しています。

■当日の様子をご紹介します!
当日は、子どもから大人まで合わせて約150名が参加。車いすバスケ、陸上競技、ボッチャ※など複数のチャレンジド・スポーツを体験しましたよ!

講師には、日本選手権9連覇を達成した車いすバスケチーム「宮城MAX」、地元福島の車いすバスケチーム「TEAM EARTH」、福島のパラ陸上競技・ボッチャの選手・指導者の皆さんなど、サントリーが応援する選手たちをお迎えしました!今回は、総勢26名もの方々にご協力いただきました。

※ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツ。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競うスポーツ。パラリンピックの正式種目

車いすバスケ体験では、車いすの操作からはじまり、ドリブルやシュートなども練習。
慣れない車いす操作に四苦八苦しつつも、ミニゲームではシュートが決まり歓声があがるシーンもありました。

陸上競技体験では、視野を制限した状態で走る体験・走る人を誘導する体験(伴走)や、車いすに乗りながら障害物を避けて行う走行(スラローム)をはじめとした、複数の種目を体験。
参加者の皆さんは慣れない状況に戸惑いながらも、新鮮な感覚を楽しんでいる様子でした。
ボッチャ体験では、選手・指導者の方に指導してもらいながら、どうやって自分のチームのボールを目標球に近づけるか、試行錯誤する姿が印象的でしたよ!

体験後にはアスリートによるトークセッションが行われ、午前と午後あわせて4名の選手に登壇いただきました。
午前の部では、陸上の佐藤智美選手と、車いすバスケの日本代表候補選手・藤本怜央選手が登壇。

佐藤智美選手からは「大きな目標は、2020年の東京パラリンピックに日本代表として出場すること。そのために、目の前にある世界大会に代表として出場したい」と力強い言葉がありました。
藤本怜央選手からは、「2020年の東京パラリンピックまでに、もっと色々な方にパラスポーツやパラアスリートを知ってもらいたい。その上で東京パラリンピックを迎えられると嬉しい。参加者の皆さんには、今回体験したスポーツをはじめ、パラスポーツにぜひ注目して応援してもらいたい」と、熱い想いが語られました。

午後の部では、陸上の佐々木真菜選手と、車いすバスケの日本代表候補選手・豊島英(あきら)選手が登壇してくださいました。

佐々木真菜選手からは「今日色々な障がい者スポーツを体験して、楽しんでもらえたなら嬉しい。2020年に向けてもっと広まっていってもらえると嬉しい」とコメントがありました。
豊島英選手からは「自分たちは「スポーツ」という形で世界を目指していく。ぜひ皆さんもスポーツだけに限らず、自分のやりたいことを見つけて進んでもらえたらと思うし、今日体験して感じてもらえたことを、今日だけで終わらせず今後につなげてほしい」と激励のメッセージが贈られました。

参加者からは、
「車いすバスケとスラローム、伴走が楽しかった」
「またやりたい!」
「体育の授業に車いすバスケがあったら良いと思う」
などの感想がありました。

今回の「サントリーチャレンジド・スポーツ体験教室」を通して、参加者の皆さんが少しでもチャレンジド・スポーツへの理解や親しみを深めていただければ幸いです。

サントリーグループは、「PASSION FOR CHALLENGE―ともに夢に挑もう―」を掲げ、引き続きアスリートに寄り添いながら、さまざまな活動を展開していきます!


東北エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.