キャンペーン・イベント情報 東北エリア情報
 

【「プレモルの秋田に乾杯!」スタート】「きりたんぽ鍋」や比内地鶏の専門店「秋田味商」

秋田で頑張る地元企業をご紹介して、秋田県を盛り上げようという想いでスタートする、秋田支店の新企画「プレモルの秋田に乾杯」。
第1回は、「きりたんぽ鍋」のセットや「比内地鶏」など、秋田の名産品を扱う専門店「秋田味商」です。
工藤真史社長にお話をお伺いして来ました!

今年で創業26年目を迎える「秋田味商」。
きりたんぽの本場、大館出身の工藤社長(現社長)のご両親が、「おいしいきりたんぽ鍋をお客様に提供したい」、「秋田のおいしいものを全国にお届けしたい」という想いで創業。
「きりたんぽ鍋」と秋田名産品を扱う問屋としてスタートしました。

地元では「味商」の名で親しまれ、「きりたんぽ鍋」のセットをはじめ、食肉として人気を集めている「比内地鶏」を使った加工品、「稲庭うどん」や「ぎばさ蕎麦」など秋田の名産品を製造・販売しています。

そんな味商にお邪魔して、社長の工藤さんの「比内地鶏」へのこだわりと、看板商品「きりたんぽ鍋」にかける想いを伺ってきました!

■工藤社長の想いをインタビューさせていただきました!
秋田県の「比内地鶏ブランド認証施設」に認定されるほど、「比内地鶏」商品の専門店として注目を集めている「味商」。
「比内地鶏」は、今でこそ食肉として注目を集めていますが、20年前の知名度はまだまだ低かったそう。
若き工藤社長は、一人でも多くの方に地元秋田の「比内地鶏」商品のおいしさを知って欲しいと、全国でPRしていましたが、なかなかうまくいきませんでした。
しかしある日、お客様からの声で突破口が見えたといいます。

「"比内地鶏を買っても、どう調理したらよいかわからない"という声から、食べ慣れていない人や初めて購入した方にとって、「比内地鶏」は珍しく、特別な食材であることに気づきました。」と、工藤社長。

「お客様は、どうやって食べたら比内地鶏を一番美味しく味わえるかが知りたいはず!」と、おいしい「比内地鶏」のメニューを開発し、提供しようと考えたそうです。
味商の商品の特長は、調理がしやすく、おいしいこと。それも、「比内地鶏」を最高においしく食べてほしいという、社長の想いから生まれていたのですね。

問屋からはじまったこともあり、秋田の食に関する知識は豊富で、特に比内地鶏に関しては絶対の自信がある、と工藤社長。
現在は、「あきた比内地鶏の会 会長」としての活動もされており、トレンドを作る使命がある!と、今なお様々な新メニューの開発を続け、業界を活性化に尽力されています。
一羽まるごとの販売が主流の「比内地鶏」ですが、より多くの方に気軽に楽しんでいただきたいという想いから、部位ごとの販売を行っているのもこだわりのひとつです。

■「プレモル」にもぴったり!「スープが美味しい専門店の本格きりたんぽ鍋」
看板商品の「スープが美味しい専門店の本格きりたんぽ鍋」のこだわりも伺いました!
セット内容は、きりたんぽと比内地鶏の肉・つくねに加え、比内地鶏の鶏がらでとったスープ、野菜。誰でも簡単に本格的な味わいが楽しめるよう、調理しやすいようにパックされています!

メインのきりたんぽは、昔ながらの1本ずつの手作り。すべて炭火でじっくりと焼き上げています。
今ではほとんどガス焼きのため、炭火焼きのきりたんぽは希少なのだそう。香ばしく焼けた風味は格別ですよ!
米は、「秋田産ササシニキ」を使うのが味商のこだわり。あきたこまちに比べて粘りが少ないので、きりたんぽ鍋に合い、地元では昔からササニシキが人気だそうですよ。
手でちぎって入れると、より味わいがしみこみます♪

スープは、比内地鶏のガラをたっぷり使ったストレートタイプ。
自社工場で毎朝5時間かけてじっくり丁寧に炊き出されます。創業当時から変わらない、比内地鶏の旨みがたっぷり詰まったスープです。

そして、肉はもちろん「比内地鶏」!
自家製の生つみれにも「比内地鶏」をたっぷり使います。肉だけでなく、つみれからも地鶏特有のおいしい出汁が出て、スープが格段に味わい深くなります。
「比内地鶏」を年間1万羽以上も買い付け、社長自ら飼育状況を確認し、全て本場の大館市比内町で飼育されたものを仕入れているそうですよ。
野菜は、すべて国産野菜をカットした状態でパックし、お届け。使いやすくてとても便利です!

「比内地鶏」の旨みが詰まった「きりたんぽ鍋」。
秋田の味や料理を、県外の方にきちんと伝えたいという工藤社長の想いが、たっぷりと詰まっています。

■他にも秋田の名産も
他にも、比内地鶏スープが入った「鶏中華そば」やルウのおいしさにこだわった「比内地鶏カレー」、オリジナルスープがおいしい「比内地鶏ガラスープで食べる稲庭うどん」も。

■最後に社長のプライベートについて伺いました!
・社長の趣味の趣味は何ですか?
「釣りや山遊び、アウトドア、料理、そして仕事ですね。「おいしい」と言われることが原点のようです!」

・あなたにとってのプレミアムな時間とは?
「秋田の自然の恵みを、新鮮な状態でいただく時間です。」

・どんな時に、誰と「プレモル」で乾杯したいですか?
「仕事でいいことがあったときに、家族や大切な仲間と秋田の自然の恵みを使った料理と共にカンパイしたいですね!昨年発売し始めた、〈香るエール〉もよく飲みますよ。」

秋田への愛情あふれる工藤社長。
これからも、ぜひ秋田の名産品のおいしさを全国に伝えていってくださいね。
「ザ・プレミアム・モルツ」は、これからも秋田の地元企業を応援し続けます!


東北エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.