キャンペーン・イベント情報 東北エリア情報
 

【担当者おすすめ】山形産の「佐藤錦」をまるごと使った「−196℃〈桜さくらんぼ〉」!2月14日より限定発売

今年も、春の訪れを華やかに彩る「−196℃〈桜さくらんぼ〉」が2月14日より春季限定で登場!
山形県産の「佐藤錦」をまるごと使う、春らしい華やかな味わいは、毎年ご好評いただいています。
さくらんぼ畑で育つ、「佐藤錦」と「−196℃〈桜さくらんぼ〉」の魅力もご紹介!
「−196℃〈桜さくらんぼ〉」で、一足早く東北の春を感じてみませんか♪

■今年も春だけの味わいをお届け!「-196℃〈桜さくらんぼ〉」
丸ごと凍結した果実を微粉砕してお酒に漬け込んでつくる「-196℃」シリーズ。まるごと果実を凍結したおいしさが楽しめる人気の缶チューハイです。

毎年、"春の風物詩"としてご好評いただいている「−196℃〈桜さくらんぼ〉」を、2月14日(火)から、春季限定発売!山形産・「佐藤錦」をまるごと閉じ込め、春らしい華やかな味わいで、「佐藤錦」の甘酸っぱさと、桜リキュール由来の豊かな香りが広がります。
この季節にぴったりの味わいをぜひどうぞ♪

藍色の背景に満開の桜の花が舞う、夜桜をイメージしたパッケージが目印!
"日本の春"を感じさせる、少し大人な雰囲気のデザインです。パッケージからも、春の雰囲気を楽しんでくださいね♪

■こんな「佐藤錦」を使っています!
甘さと酸味のバランスが絶妙な、「佐藤錦」。
「−196℃〈桜さくらんぼ〉」には、山形県でも有数の栽培地・天童地区産を使用しています。
天童地区は、春の霜害が少なく、初夏の湿気・雨も少ないことから、おいしいさくらんぼが生産できます。
「−196℃〈桜さくらんぼ〉」は、中でも果樹園グループ「水晶果樹倶楽部」に所属する果樹園で育てられた「佐藤錦」を使用。おいしさ・品質にこだわり抜いた佐藤錦を使っているのが、「−196℃」のおいしさのヒミツなんですよ。

【「水晶果樹倶楽部」の皆さんからメッセージいただきました!】
水晶果樹倶楽部には15名ほどのさくらんぼ農家が所属しており、それぞれが経験や新しい発見を共有する事でよりよいさくらんぼを出荷できる体制にしています。
当倶楽部の園地は天童市東部の丘陵地に位置し、同地域の中でも昼夜の寒暖の差が大きい事から、さくらんぼの甘みがまして食味が良くなっています。
ぜひ、当倶楽部の佐藤錦を使った「−196℃」をお試しください。

春が待ち遠しいこれからの季節。
「佐藤錦」の味わいをギュッととじこめた「−196℃〈桜さくらんぼ〉」を片手に、春気分を楽しんでくださいね♪同時発売の「-196℃〈春いちご〉」もぜひ一緒にお試しください。

〈サントリーチューハイ「−196℃〈桜さくらんぼ〉」詳細〉
発売日:2017年2月14日(火)
販売地域:全国・出荷限定
アルコール度数:4%


東北エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.