キャンペーン・イベント情報 首都圏エリア情報
 

吉野家でちょい飲みできる「吉呑み」が拡大中!「ザ・モルツ」と乾杯したいメニューはどれ!?

牛丼チェーン「吉野家」で、ちょい飲みが楽しめるのをご存知でしたか?その名も「吉呑み」!現在首都圏を中心に、「吉呑み」の対象店舗が、どんどん増えているんですよ。
今回は、「吉呑み」メニューの中からおすすめのドリンク・おつまみをご紹介します♪皆さんはどんなメニューで"吉呑み"したいですか?

■リーズナブルなおつまみで乾杯♪話題の"吉呑み"とは?
"新しいちょい飲みの場"として、2014年4月にスタートした「吉呑み」。魅力は、1人でもグループでもサクッと"ちょい飲み"できる気軽さです!当初は、首都圏の数店舗で実施されていましたが、現在は首都圏エリアの全店で「吉呑み」ができるようになったんですよ。

夕方以降の時間帯に、リーズナブルなおつまみメニューが登場!だいたいのおつまみがワンコイン以下なのがうれしいですね♪

■ドリンクも充実!ハイボール缶や「ザ・モルツ」がそろっています
これまでも全店で提供されていた「ジムビームシトラスハイボール缶」と「角ハイボール缶」に、「ザ・モルツ」が新たに仲間入り!「ザ・モルツ」は、首都圏のほぼ全店で飲めるんです。
※一部ドリンクの取扱いが異なる店舗がございます。

グッとくる"うまみ"の「ザ・モルツ」は、吉野家のメニューと相性バツグン。おいしいビールを飲みたいときは、ぜひ「吉呑み」へ♪

■「吉呑み」にピッタリのおすすめメニュー3品をご紹介!
・絶対に注文したい王道メニュー「牛皿」
定番中の定番「牛皿」は、おつまみにピッタリ。赤身と脂身のバランスがよい牛肉、甘みがある玉ねぎを強火でタレとともに煮込み、おなじみの味「牛皿」に。"吉呑み"にはハズせないメニューですね。

・味噌が香る♪「牛煮込み」
こってりしたおつまみがほしいときは、「牛煮込み」がイチオシです。味噌仕立てのタレは吉野家特製。じっくり煮込まれた牛スジにタレが染み込み、ホッと落ち着く味わいです。薬味のネギがいいアクセントでお酒もすすみますよ!

・「冷奴」は、キムチの辛味でお酒がすすむ!
吉野家の「冷奴」は、ネギや生姜のかわりにキムチをのせた変わり種。唐辛子のピリッとした辛味でお酒がすすみます。とりあえずの1品にいかがですか?

■「デジタルボトルキープ」でお得に飲もう!
"もっとお得に飲みたい!"という人に朗報です♪2016年7月から、新サービス「デジタルボトルキープ」がスタート。専用アプリ「デジタルボトルキープ」を利用すれば、たとえば博多で買ったビールを、神田でも飲むことができるんです。
生ビール(ジョッキ)10杯分3,500円→3,000円、焼酎も10杯分3,000円→2,500円で、1杯あたり50円もお得ですよ。
「デジタルボトルキープ」を利用できるのは、全国約1200店舗のうち500店舗以上。利用できるお店の目印は"赤提灯"です。※白提灯のお店ではご利用いただけません。

ますます便利でお得、おいしくなった吉野家の「吉呑み」。気軽に立ち寄ってお楽しみくださいね♪


首都圏エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.