キャンペーン・イベント情報 沖縄エリア情報
 

【沖縄料理で元気に】「−196℃ ストロングゼロ」ビターシリーズと「チキナーチャンプルー」で夏を乗り切ろう♪

ただいま、沖縄は夏真っ盛り。毎日暑いですが、皆さんは夏バテしていませんか?
今回は"甘くないから食事によく合う"と好評の「−196℃ ストロングゼロ」ビターシリーズと、栄養満点!島野菜カラシナをつかった料理をご紹介します!

■古くから沖縄で親しまれている島野菜カラシナって?
今回は、沖縄で古くから親しまれているカラシナ(シマナー)使った料理をご紹介します。県外では「カラシナ」の名が一般的。カルシウム・カリウム・鉄分・ビタミンA・ビタミンCなどが豊富に含まれていて、独特な苦味が特徴。塩漬けにすると香りが増すため、沖縄の家庭では塩もみしてから調理に使うことが多いんですよ。沖縄ではカラシナ(シマナー)を塩漬けにしたものを"チキナー"と呼んでいます。疲れが出やすい夏に食べておきたい食材ですね。

そんなチキナーを使ったおすすめ料理はこちら♪

■ほろ苦さがたまらない「チキナーチャンプルー」!
今回は、チキナーとツナ缶を合わせたお手軽チャンプルーをつくってみました。ポイントは、シマナーを洗ったら塩に30分程度漬けて塩もみすること。葉がしんなりしてきたら、塩気を水で流してから約2cm長さに切りましょう。少し塩気を残すと、ほどよい味加減に仕上がりますよ。最初にチキナーの茎部分を炒めてください。茎に火が通ったら、チキナーの葉・ツナ缶も一緒に炒めます。最後にお醤油で味を調えれば完成!お好みで島豆腐をいれてもおいしいですよ。

アツアツの「チキナーチャンプルー」は、ほどよい苦味がくせになるおいしさ。おともは「−196℃ ストロングゼロ」ビターシリーズの定番フレーバー、〈ビターレモン〉と〈ビターオレンジ〉で決まり♪どちらもほろ苦い味わいで、甘すぎないからチャンプルーとの相性最高です。今晩の食卓にいかがですか?


沖縄エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.