キャンペーン・イベント情報 沖縄エリア情報
 

【ラジオ・アペリティフストーリーで紹介】2017年6月オープン!那覇「ちる酒場」(古島)でゆったり飲もう♪

ラジオ番組「沖縄サントリープレゼンツ アペリティフストーリー」に登場したお店をご紹介するシリーズ。第10回目は、那覇市字古島にある「ちる酒場」です。

RBCiラジオ(AM738kHz)で放送中のラジオ番組「アペリティフストーリー」は、パーソナリティの島袋千恵美さんが、お酒にまつわる話題やおいしいお酒が飲めるお店をご紹介する番組。今回は、その「アペリティフストーリー」に登場した「ちる酒場」をチェックしましょう。



「ちる酒場」は、2017年6月1日にオープンしたばかりの新店です。店名の"ちる"は、HIPHOP用語で「ゆったり」「まったり」「落ち着く」などの意味をもつ"チルアウト"にちなんでいるんだとか。朝5時まで営業しているのでその名のとおり、ゆったり落ち着いて飲めるお店ですよ。遅い時間からでも安心して利用できますね。

店内は親しみやすく、くつろげる雰囲気。カウンターは少人数のときに、座敷では30人ほどの宴会が可能です。 "とりあえずの1品"から煮物、揚げ物、串焼きまで幅広くそろう居酒屋メニューで盛り上がりましょう。

そんな「ちる酒場」のおすすめメニューはこちら♪

■パリッと食感がたまらない!乾杯は「鶏皮ギョウザ」で決まり
まずは鶏皮で具を巻いた「鶏皮ギョウザ」で乾杯しましょう。パリパリに焼き上げた鶏皮で、ギョウザの具を巻いた「鶏皮ギョウザ」はビールのおともに最高!"深いコク"と"あふれだす華やかな香り"の「ザ・プレミアム・モルツ」との相性はバツグンです。アツアツの「鶏皮ギョウザ」とキンキンに冷えた「プレモル」で、楽しい宴の始まりです。

■ジューシーな焼き鳥にはやっぱり角ハイボール!「串焼おまかせ5本盛り」
串焼も「ちる酒場」の自慢料理。メニューには肉や野菜の串焼きが並びます。どれを頼むか迷ったら、「串焼おまかせ5本盛り」がおすすめです。"おまかせ"なので、何が出てくるかはお楽しみ。おじゃました日は、砂肝やうずらベーコン、豚バラなどを堪能しましたよ。どれもジューシーで焼き加減が絶妙!ドライな後口で爽快な「角ハイボール」が最強の相性です。

■締めの料理はやっぱりガッツリ大満足の「塩だれ焼きそば」!
締めの料理には、具だくさんでボリューム満点の「塩だれ焼きそば」で決まりです。野菜も肉もバランスよく食べられ、最後を締めくくるにふさわしいメニューです。ぜひ「ビームハイボール」を組み合せてみてください。バーボン由来の甘く軽やかな香りを楽しめるハイボールは、しっかりした味わいのメニューと好相性。「塩だれ焼きそば」ともいいコンビです。

「ちる酒場」には、ほかにもおすすめしたいメニューがたくさん。ぜひ実際に足を運び、お気に入りの1品を見つけてくださいね。注目の新店でまったり過ごしましょう。

<ちる酒場>
住所:沖縄県那覇市字古島2-4
営業時間:17:00〜翌5:00
定休日:不定休           
電話番号:098-861-3103


沖縄エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.