キャンペーン・イベント情報 沖縄エリア情報
 

うちな〜夏の定番「ナーベーラーンブシー(へちまの味噌煮)」は「−196℃ 極キレ」とご一緒に♪

沖縄の旬の夏野菜は、厳しい暑さを乗り切るために欠かせません。そんな夏野菜のひとつが"ナーベーラー(へちま)"!今回は、ナーベーラーを使った定番料理「ナーベーラーンブシー(へちまの味噌煮)」と、食事にピッタリなチューハイ「−196℃ 極キレ」を合わせてみました♪

キレを極めた食事にぴったりのチューハイ「−196℃ 極キレ」
"キレ"を極めた、驚くほどさっぱりした後口が特長の「−196℃ 極キレ」シリーズ。サントリー独自の"−196℃製法"による浸漬酒をはじめ、複数の原料酒を使うとともに、炭酸ガス圧を高めにして、甘くない爽快な味わいです。
さらに驚きのキレを生み出しているのが"ウーロン茶ポリフェノール"。食事の脂をカットして、口の中をさっぱりとさせてくれるんですよ。


沖縄ではポピュラーな夏野菜「ナーベーラー」
沖縄では、夏野菜の定番として親しまれている"ナーベーラー(へちま)"。県外では乾燥させてタワシなどに使いますが、沖縄では夏の疲労回復に一役買う野菜として、ゴーヤーと同じくらい日常の食卓に並ぶ食材です。
水分が多く、ビタミンやミネラルが豊富なナーベーラーは、沖縄の夏の元気の源!みずみずしく、なめらかな食感とまろやかな甘みが食欲をそそります。


「ナーベーラーンブシー」には「−196℃ 極キレ」がぴったり!
ナーベーラーを食べるなら、私はやっぱり"ンブシー"♪ナーベーラーにポーク缶や島豆腐を合わせて味噌味で煮込んだンブシーは、夏になったら食べたくなる定番料理です!
今回は、「ナーベーラーンブシー」を作って、「−196℃ 極キレ」との組み合わせを試してみることにしました。

ナーベーラーは水分を含んでいるので、煮ることで甘みのある汁がたっぷりと出てきて、これがおいしい!また、独特のとろりとした食感はクセになります。「−196℃ 極キレ」を合わせてみると、甘めの味噌味がぴったり。皆さんにもぜひ試して欲しい組み合わせです♪

まだまだ厳しい暑さが続きますが、「ナーベーラーンブシー」とご一緒に、後口さっぱりの「−196℃ 極キレ」シリーズを楽しんでみてくださいね。


沖縄エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.