キャンペーン・イベント情報 沖縄エリア情報
 

【冬至の夜に♪】12月22日は「金麦」とトゥンジージューシーで乾杯!

12月22日(火)は冬至ですね。冬至は、一年を通して最も夜が長い冬の日。今回はそんな冬至の夜におすすめの沖縄グルメをご紹介します!

■トゥンジー(冬至)の過ごし方
南国沖縄と言っても、冬至の頃になると季節風が吹いて寒い日が続きます。この寒さを沖縄では「トゥンジービーサ」と言うんですよ。
本州では柚子湯にはいったりかぼちゃを食べるのが一般的ですが、沖縄の冬至(トゥンジ―)の日には、炊き込みご飯(ジューシー)を作り、火の神(ヒヌカン)や仏壇にお供え物をして、家族の健康祈願や子孫繁栄を願う習慣があるんです。今度の冬至は、沖縄の皆さんはもちろん沖縄県外の皆さんも、「トゥンジージューシー」と「金麦」を合わせて、沖縄流冬至の過ごし方で家族の健康祈願はいかがでしょうか。


■トゥンジージューシーとは?
「トゥンジージューシー」とは、冬至の日に作る沖縄の炊き込みご飯のことを言います。具材は、豚肉、しいたけ、ニンジン、ひじき、かまぼこに、冬至ならではの具材・田芋(タロイモの一種)などを入れるのが一般的。田芋は親芋に子芋・孫芋...と、どんどん連なっていくことから、子孫繁栄の縁起物とされているんです。琉球王朝から現在に至るまで沖縄では欠かせない食材ですよ。

豚だしと鰹だしやしょう油などの調味料で炊き上げます。どの家庭にもある手頃な具材で作れるため、沖縄県外の方にもぜひ作っていただきたいメニューです。沖縄県外では手に入りにくい田芋は、里芋でも代用OK!

気になる味わいは、日本全国でなじみの深い鶏肉の炊き込みご飯ではなく、豚肉大国沖縄らしい豚だしがきいた豚の炊き込みご飯になっています。冷めてもおいしいので翌日のお弁当にも最適です。また、栄養価が高く、健康祈願にもふさわしいメニューなんですよ。


■トゥンジージューシーのお供には「金麦」を♪
そして、豚のコクや具材からでたうまみを吸ったご飯には、「金麦」がおすすめ!麦のうまさにこだわった「金麦」の豊かな味わいが、ジューシーの旨みをより引き立てますよ。家族の健康を願いながら召し上がれ!

ぜひ今年の冬至は、皆さんのご家庭ならではの「トゥンジージューシー」と「金麦」で一家団欒ほっこりと温かい、長い冬の夜を愉しんでくださいね。皆さんで家族の健康や子孫繁栄を祈りましょう!


沖縄エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.