キャンペーン・イベント情報 九州エリア情報
 

【サントリー水の国くまもと応援プロジェクト】嘉島町の小学校、益城町の仮設住宅で花植えワークショップを実施しました

3月17日〜18日の2日間、熊本地震の復興支援活動「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」の一環として、サントリーフラワーズによる「花植えワークショップ」を実施しました。

「花植えワークショップ」は、小学校や街に花苗を植え、育て、咲かせる「花育」を通じて、被災地の子どもたちの感性を豊かに、また仮設住宅のコミュニティ活性化に役立つことを目的として行っています。

今回は、嘉島町の嘉島東小学校、嘉島西小学校、益城町の馬水西原仮設住宅、惣領仮設住宅の4ヶ所で実施し、約200名の方が参加、約450株の苗を植えましたよ。

3月17日は、嘉島町の嘉島東小学校、嘉島西小学校で実施。
サントリーフラワーズ社員から植えるお花の特長や育て方、植え方などをレクチャーしましたよ。

今回の花苗は、サフィニアマックス。
丈夫で育てやすく、豪華に咲きあふれるのが特長のお花です。

レクチャーの後は、プランターや土、肥料、苗を準備し、丁寧に植えていきました。
植えた苗は、校舎の入り口や教室の前に並べましたよ。
参加した子どもたちは、「これから咲くのが楽しみ!」と、にこやかに感想を話してくれました。

3月18日は、益城町の馬水西原仮設住宅、惣領仮設住宅でワークショップを実施しました。

ワークショップには、熊本のサントリー社員もボランティアで参加し、仮設住宅の皆さんと楽しく会話をしながら花苗を植えました。

植えた苗は仮設住宅の入り口、集会所などへ並べたり、仮設にお住まいの各戸にお配りしましたよ。
仮設住宅の方からは、「花があると明るくなります」「また花が育てられて嬉しい」といった声があがりました。

今回の花苗は明るいローズピンク色。
1ヵ月後には、小学校と仮設住宅がきれいに咲いたサフィニアマックスによって彩られるといいですね!

小学校、仮設住宅でのワークショップの後は、記念に集合写真をパチリ♪

今後も「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」では、「心の復興」にお役立ちできるよう、グループを挙げて熊本復興支援活動を継続していきます。


九州エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.