キャンペーン・イベント情報 九州エリア情報
 

【サントリー水の国くまもと応援プロジェクト】熊本の小学校でラグビークリニックを行いました

2月9日・10日に、サントリーグループの復興支援活動「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」の一環として、昨年日本一になったサントリーラグビー部サンゴリアスによる「ラグビークリニック」が行われました。

今回のラグビークリニックは、熊本地震で被災した子どもたちの心と体の健康をサポートすることを目的に、嘉島町西小学校、益城町広安小学校、御船町木倉小学校、嘉島町東小学校の4つの学校で実施し、約360名の子どもたちが参加しました。あいにく大寒波の影響で雪がちらつく中でしたが、7名のサンゴリアスの選手たちが子供達と一緒に楽しく汗を流しました。

まず、選手との鬼ごっこで身体をほぐします。鬼ごっこでは、竹本隼太郎選手が捕まえた子どもたちと手をつないでいました。

次は、いくつかのグループに分かれ、ラグビーボールのパス競争に挑戦しました。キャプテンの流大選手が、子どもたちと一緒に輪になってボールをパスしていました。スムーズにボールを運ぶために声を掛け合うことで、コミュニケーションの大切さも体感していましたよ。

最後に、選手がパスやキック、ラインアウトを披露すると、間近で見る選手たちの迫力あるプレーに子どもたちからは大歓声が上がりました。また、何人かの子どもたちは、ラインアウトとキックに挑戦しましたよ!

寒空の下、行われた今回のラグビークリニック。寒さを吹き飛ばすような選手と子どもたちの笑顔が印象的でした。にこやかに子どもとハイタッチする竹本竜太郎選手の姿も

最後は記念に集合写真をパチリ♪
参加した子どもたちは、「地震で心が傷ついたりしたけど、選手のおかげで元気になれた」「一緒に遊んでくれて楽しかった」など、にこやかに感想を話してくれました。

選手からは、「クリニックでは、子どもたちに少しでも元気を与えられればと臨みましたが、底抜けの元気と明るさに逆に勇気をもらいました」「学校に向かう途中、震災の爪痕が残っていて、みんな驚きを隠せない状況でした。そんな中、子どもたちや学校の関係者の皆さんが落ち込んでいる顔を見せず、元気な顔で迎えてくれたことに本当に心を打たれました」という声がありました。

「サントリー水の国くまもと応援プロジェクト」では、これからも熊本復興支援活動を継続していきます。また、サントリーラグビー部サンゴリアスもさまざまな形で社会貢献活動を続けていきます。


九州エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.