キャンペーン・イベント情報 近畿エリア情報
 

【和みックスプロジェクト始動!】和歌山県産果実をたっぷり使った「紀州シトラスハイボール」が誕生しました♪

和歌山県の特産品といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?紀州南高梅やみかんなど、さまざまな果実をイメージする方も多いはず。豊かな自然と気候風土によって育った果実は和歌山県の魅力のひとつですよね!そんなフルーツ王国和歌山の魅力を全国に広めようと、和歌山県と企業がコラボ。「和みックスプロジェクト」と名付けた活動がいよいよ本格的に始動しました!

今回は、「和みックスプロジェクト」についてと、プロジェクト第1弾商品となる「紀州シトラスハイボール」についてご紹介します。

■「和みックスプロジェクト」って?
和歌山県と、京都のヨーグルトメーカー「日本ルナ梶v、そしてサントリーの協働で始まったこのプロジェクト。フルーツ王国和歌山のおいしい果実を3種類以上ミックスして出来た商品「和みックス」を県、食品メーカー等が商品開発から販売促進まで協働し、和歌山県産果実の魅力を広く発信していくものです。プロジェクト第1弾として誕生したのが、今回ご紹介する「紀州シトラスハイボール」と、日本ルナ鰍フ「紀州フルーツミックスラッシー」です。今後も、続々と「和みックス」商品が発売されます。要チェックですよ!

■紀州シトラスハイボールとは?
つくり方は簡単。たっぷりと氷を入れたジョッキに「ジムビーム」または「角瓶」を30ml、「紀州果実シロップ」15mlを注ぎ、ソーダを8分目まで注いで軽くステアすれば出来上がり!果実本来の自然な甘みに柑橘系の爽快感が加わり、食中酒としても楽しめるハイボールです。

■「紀州シトラスハイボール」ができるまで
「和歌山県の魅力が詰まったハイボールをつくりたい!」そんな想いから、「紀州シトラスハイボール」の開発はスタートしました。サントリーグルメ部監修のもと、和歌山県内の酒造会社「中野BC梶vと協働で、「ジムビーム」「角瓶」に合わせるハイボール用シロップを開発。豊富な和歌山特産の果物の中から、ハイボールに合う果物や組み合わせの試行錯誤を続けながら試作を重ねた末に、ようやく「紀州果実シロップ」が完成しました。特に味わいをつくる上でポイントとなったのが、和歌山県東牟婁郡にある北山村が原産の柑橘「じゃばら」。このじゃばらを配合することによって、みかんと梅の"ほのかな甘み"に独特の苦味が加わり、食事がより引き立つ味わいになっています!

完成した「紀州シトラスハイボール」を、仁坂和歌山県知事にも試飲していただきました。知事から「甘すぎず飲みやすい!ぜひ、県としても広めていきたい!」という嬉しい声をいただきました。

和歌山市内で行われた、飲食店のオーナーの方々向けのメニュー提案会でも、ブースを出してアピールしました!
試飲いただいた方々からも、
「ほろ苦さがクセになるね。食事にも合いそう」
「想像していた以上においしかった!甘すぎずにちょうどいいですね」
「和歌山のアピールになって、素晴らしい!ぜひ当店でも使ってみたい」
など、嬉しい声をたくさんいただきましたよ。

サントリーが自信を持ってお届けする「紀州シトラスハイボール」。今後、和歌山エリアの飲食店でお楽しみいただける予定です。近畿エリア情報サイトでも、飲めるお店などを随時ご紹介していく予定です。ぜひチェックしてくださいね!


近畿エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.