キャンペーン・イベント情報 北関東・信越エリア情報
 

【全国発売!】高山村産ぶどう100%使用「ジャパンプレミアム 産地シリーズ 高山村シャルドネ2015年」お試しあれ♪

"日本ワイン"「ジャパンプレミアム産地シリーズ 高山村シャルドネ2015年」ヴィンテージが5月31日に全国で発売されました。長野県高山村産のシャルドネぶどうを100%使用していて、気候や土壌の個性を最大限に引き出したフレッシュで自然な甘さが楽しめます。お食事と一緒に、楽しんでみませんか。

サントリーでは、「登美の丘ワイナリー」(山梨)で100年に渡り培ってきた技術と、日本人ならではの感性を結集し、"世界を感動させる日本ワインを"という理念を掲げて、国産ぶどう100%の "日本ワイン"をつくっています。

中でも、「ジャパンプレミアムシリーズ 産地シリーズ」は日本を代表するワイン用ぶどうの産地がもつ個性を引き出し、地元の生産者の方々にご協力いただきながら生産しています。そのひとつが、今回ご紹介する、長野県上高井郡高山村の"シャルドネぶどう"100%でつくられる「ジャパンプレミアム産地シリーズ 高山村シャルドネ」です。


■ 高山村エリアの恵まれた自然環境
長野県の北東部にある高山村は、標高は約500〜600mと高く冷涼な気候で、昼夜の寒暖差が大きいため、白ワイン用ぶどうに適した気候。さらに、降水量が少なく、水はけのよい扇状地にあるため、凝縮感のあるぶどうを生み出すことができます。

白ワイン用ぶどうの"シャルドネ"は、4名のぶとう生産者からぶどうを仕入れています。土地やつくり手の個性が反映されやすい品種であることから、同じ高山村で育ったものでも味わいが異なり、ワインに仕上がったときに個性として現れ、4者4様の「シャルドネ」のワインに。ワインのつくり手は、その年の作柄・出来栄えに合わせて、最適な醸造・熟成方法を選択し、多種多様な個性のワイン原酒を生み出します。そして、最終的に「高山村シャルドネ」の目指すスタイルになるようアッサンブラージュ(ブレンド)をすることで、柑橘系のアロマやフローラルの華やかな香りと、豊かな味わいが特長の「高山村シャルドネ」が誕生します。

この場所で栽培されたシャルドネを使った 「高山村シャルドネ」は近年評価が高まっていて、「高山村シャルドネ2012」は2014年フランスで行われた国際ワインコンクール「レ シタデル デュ ヴァン2014」において金賞を受賞しているんですよ!


■ 2015年のぶどう、そしてワインの出来は? 
2015年の高山村エリアは8月末〜9月初旬は降雨の頻度・量ともに平年より多く、栽培者は、健全なぶどうを育てるために一層の努力が必要でした。
最適のタイミングであった10月初旬に1度収穫を行い、標高の高いエリアでは10月中旬に時期をずらして2度目の収穫を行うことで、フレッシュな果実香と自然な甘さ、やわらかさが感じられるワインに仕上がっています♪

今回発売される2015ヴィンテージはこちら

■「高山村 シャルドネ 2015」〜フレッシュな果実味と長く続く余韻〜

"シャルドネ"由来の柑橘系の爽やかな香りと、樽熟成由来の蜜のような甘い香りが心地よく調和して、フレッシュな果実味と、長く続く余韻が楽しめる辛口の白ワイン「ジャパンプレミアム 高山村シャルドネ2015」。ラベルは木版画家・詩人ひらやまなみ氏が高山村の畑を描きました。「ジャパンプレミアム 高山村シャルドネ2015」のもつ、複雑で芳醇な香りと凝縮感のある味わいが、お肉料理や、信州味噌など発酵食材と使ったお料理とも相性抜群。ぜひ地元の食材を使ったお料理などと合わせて、素敵なマリアージュを味わってみてくださいね!


北関東・信越エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.