キャンペーン・イベント情報 北関東・信越エリア情報
 

サントリー利根川ビール工場(群馬)でご当地アイドルユニット「AKAGIDAN」が「プレモル」づくりを体感♪

「前橋七夕まつり」で「ザ・プレミアム・モルツ出張工場セミナー」の応援に駆けつけてくれた、群馬のご当地アイドルユニット「pigi〓pigi fromAKAGIDAN」。
そんな「pigi〓pigi fromAKAGIDAN」が、日本に4ヵ所あるサントリービール工場のひとつ、サントリー利根川ビール工場に潜入!こだわりのビール、「ザ・プレミアム・モルツ」を体感していただきましたので、その様子をレポートします♪

※サントリー利根川ビール工場は、現在一般のお客様の工場見学は受け付けておりません。ご了承ください。

地下深くから汲み上げた天然水100%仕込の「ザ・プレミアム・モルツ」
まずは、ビールの重要な原料のひとつである、天然水について見学です♪良質な天然水を求めて各地で地質調査を行ったところ、利根川ビール工場の地下から汲み上げた天然水はビールづくりに適しており、ここに工場が建設されることが決まったそう。

次は「仕込」の工程。大きな仕込釜の中で温めた天然水に、麦芽とホップを加えます。なんと、1回あたり約100トンの麦汁ができるんです!

麦芽とホップも、ビールづくりには欠かせない原料です。「ザ・プレミアム・モルツ」には、チェコおよび周辺国で産出される希少な「ダイヤモンド麦芽」という品種と、"香り"と"苦味"をつくる良質な欧州産アロマホップを使っています。ダイヤモンド麦芽を口にしてみると、ほのかな甘さを感じるほど♪ホップの華やかな香りも、メンバーの皆さんに実感いただきました。

こうしてつくられた「麦汁」に酵母を加えて低温でじっくり発酵させると、ようやく「若ビール」と呼ばれるアルコール約5%の液体に。その後、低温に調整されたタンクの中でじっくりと熟成していきます。酵母の取り扱いはとても難しく、常に良い状態を保つため、担当者は微調整をしながら管理しているんですよ。まさに、職人技!

最後にろ過で、熟成中に生じる「オリ」や役目を終えた酵母を完全に取り除くと、「ザ・プレミアム・モルツ」の出来上がり!

メンバーの皆さんに、早速「プレモル」をさっそく飲んでいただきました!
「泡がとてもクリーミーで美味しい!」
「地元の工場でこんなに美味しいビールが作られているのは、とてもうれしい!」と喜びの声をいただきましたよ☆

こだわりの「プレモル」がつくられる様子はいかがでしたか?今後もここ利根川ビール工場でつくられた「ザ・プレミアム・モルツ」をお楽しみくださいね♪

▼関連リンク
「ザ・プレミアム・モルツ」のブランドサイト


北関東・信越エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.