キャンペーン・イベント情報 北海道エリア情報
 

【北海道おつまみ探し珍道中】第2回目は厳選した道産食材で作られた「北菓楼・砂川本店」の北海道開拓おかき

絶品おつまみを求めて、編集担当タローが道内各地を探索する「北海道おつまみ探し珍道中」。第2回目は、北海道砂川の和洋菓子店「北菓楼(きたかろう)・砂川本店」の「北海道開拓おかき」をご紹介します。

「北菓楼・砂川本店」に行ってきました!
今回タロー家が向かった先は、前々から子供を連れて行きたかった「北海道子どもの国」がある砂川市です。砂川に到着した頃には午前11時すぎ。食いしん坊タロー家は、目的の「北海道子どもの国」は後ほど訪れることにして、まず「北菓楼・砂川本店」に向かうことにしました。

和洋菓子店として有名な「北菓楼」ですが、砂川本店には喫茶フロアがあり、食事やスイーツを楽しむことができます。まずは食事タイム、ということで、事前にリサーチしていた「北菓楼 自慢のオムライス」をオーダーしました。

まもなくすると、熱々のオムライスが到着。まず、バターの香りが漂う、ふわとろの卵に感動です!
一口いただくと、醤油の風味がぐっと口の中に広がります。たっぷりキノコと道産牛が旨みを醸し出す味わいは絶品!

さらに、ランチタイムデザートを追加して、シフォンケーキを食べることに。このシフォンケーキが、これまたふわっとしておいしすぎる一品で、3歳の息子にほとんど食べられてしまいました...。


手間ひまかけて作られた「北海道開拓おかき」
さて、肝心の目的である「おつまみ探し」ですが、答えはお店に入ってすぐのところに陳列されていました。「北海道開拓おかき 増毛甘エビ」です。「北菓楼」を代表するお菓子のひとつ、「北海道開拓おかき」は、厳選された素材を使い、職人が7日間もの時間と手間をかけて作られているのだそう。

ちなみに、「開拓おかき」は増毛甘えび以外にも色々な種類があって、試食ができるので、ぜひお試しください。おいしすぎるので、食べ過ぎ注意ですよ。
今回は、増毛甘えびが「ザ・プレミアム・モルツ」にピッタリだと直感したので購入を決めました。

その後、午後はたっぷり「北海道こどもの国」をエンジョイして、帰宅後はお待ちかねのおつまみタイム!
さっそく「北海道開拓おかき 増毛甘えび」を取り出します。ちょうど食べきりサイズになっているパッケージがとてもいい感じです。ふたをめくると、増毛甘エビのいい香りが!食べてみると、これぞ「北菓楼」のおかき、というサクサク軽い食感と、甘エビのなんともリッチな香りが口いっぱいに広がります。

リッチと言えば、「ザ・プレミアム・モルツ」。ということで「プレモル」も一緒に味わってみると...これはもう最高の組み合わせ!おかきのほどよい塩分が、「プレモル」のおつまみにぴったり。やはり当初の直感どおり、「プレモル」との抜群の相性を楽しむことができました。
ちなみに、おかきの中に紛れこんでいる茶色のチップは、エビの旨みが凝縮された「甘エビのおつまみ」とのこと。これがまた濃厚な味わいで、ますます「プレモル」が進んでしまいました。

いかがでしたか?今回見つけた「プレモル」にぴったりなおつまみ「北海道開拓おかき 増毛甘えび」。ぜひ皆さんもお試しあれ♪

今度はどんなおつまみと出会うのでしょうか?
タローの「北海道おつまみ探し珍道中」、次回をお楽しみに!

<北菓楼・砂川本店>
所在地:北海道砂川市西1条北19丁目2番1号
営業時間:9:00〜19:00
定休日:元日
電話番号:0125-53-1515


北海道エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.