キャンペーン・イベント情報 北海道エリア情報
 

【北海道おつまみ探し珍道中】記念すべき新シリーズ第1回目は真狩村「湧水の里」の手作り豆腐!

絶品おつまみを探しに、西へ東へ奔走。「北海道おつまみ探し珍道中」は、編集担当タローがおつまみを求め、広大な北海道を探索する新企画です。ドキドキの初回は、ニセコの真狩村(まっかりむら)にある「湧水の里」で出会った手作り豆腐を紹介します。

「湧水の里」とは?
8月某日、タロー家は「倶知安(くっちゃん)じゃが祭り」を見物するため、ニセコ方面へ。そのあと、足をのばして向かったのが虻田郡真狩村の「湧水の里」です。敷地内にこんこんとあふれるのは、羊蹄山の湧き水。だれでも自由に湧き水を飲み、汲んで持ち帰ることができます。

タローも湧き水をさっそく味見。冷たくてスッキリ、これはおいしい!同僚の話では、"この湧き水で作った「角瓶」の水割りが最高に旨い"とのこと。そんな話もうなずける名水です。

店内は木の温もりが感じられ、清潔で明るい雰囲気。ほのかな大豆の香りとともに、たくさんの豆腐が目に飛び込んできました!どんな手作り豆腐があるのか、しっかりチェックしたのでご紹介。


試食OK!個性豊かな手作り豆腐が勢ぞろい
ずらりと並んだ豆腐にビックリ。「木綿豆腐」や「絹豆腐」といったスタンダードな豆腐はもちろん、「枝豆おぼろ豆腐」や「鶴の舞豆腐」など、バラエティに富んだ品ぞろえです。

試食コーナーも充実。どれを買うか悩んだタローは、もちろん試食をしてみました。どの豆腐も大豆のよい香りと、個性的な味わいで思わずうなるおいしさ。ますます悩んでしまいました...。

揚げ物コーナーの品ぞろえも豊富。「湯葉ひろうす」や「白身魚と豆腐のふんわり揚げ」は、軽くあぶるだけでいいおつまみになりそう。うーん。お腹が空いてきました。

「名水の豆乳」もありました。名水とは、もちろん羊蹄山の湧き水。ふつうの豆乳と「くろまめ」風味の豆乳が販売されています。こちらは女性にも喜ばれそうです。

迷いに迷ったタローは、お店の人気商品「すごい豆腐」と、生湯葉も気になって「長いもと生ゆばよせ豆腐」の2品をチョイス。もう味見が待ちきれません。


一番人気の「すごい豆腐」は本当にスゴイ!
帰宅したら、さっそく味見タイムです。「すごい豆腐」は大豆の風味が口いっぱいに広がり、その濃厚な味わいに驚くばかり。一番人気だというのも納得、大豆本来の旨みをストレートに感じられる一品です。まずは何もつけず、そのままのおいしさを堪能するのがおすすめ。


湯葉の食感がアクセント「長いもと生ゆばよせ豆腐」
続いてはちょっと変わり種、「長いもと生ゆばよせ豆腐」をいただきました。寄せ豆腐のほろっと優しい口どけに湯葉の食感がいいアクセント。長いもの風味がクセになるおいしさです。


手作り豆腐のおともは「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」
「湧水の里」の手作り豆腐には、「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」を合わせてみました。これが大正解!豆腐の濃厚かつ繊細な味わいと、「香るエール」のフルーティな味わいと爽やかな香りがベストマッチ。お互いの味や香りを邪魔せず、引き立て合う最高のコンビです。

「湧水の里」は名水を生かしたスイーツも扱っています。タローは「名水鶴の子わらび餅」を購入しましたが、家族がペロリと完食。一口も味わえず残念。感想を聞くと「相当おいしい」とのこと。また買いに行かなくては。

今度はどんなおつまみと出会うでしょうか?
タローの「北海道おつまみ探し珍道中」、次回を楽しみに!

<湧水の里>
所在地:北海道虻田郡真狩村字杜217-1
営業時間:4〜10月8:00〜18:00、11〜3月8:30〜17:00
定休日:火曜日
電話番号:0136-48-2636


北海道エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.