キャンペーン・イベント情報 北海道エリア情報
 

【札幌100マイル編集長オサナイミカの飲み食べ探訪記】第2回は「炭火焼鳥 串焼大将」

「札幌100マイル」の編集長オサナイミカさんに、食の宝庫・北海道にある飲食店をリポートしてもらう、「札幌100マイル編集長オサナイミカの飲み食べ探訪記」。
第2回目の今回は、小樽のご当地ハイボール「小樽セピアハイボール」が楽しめる「炭火焼鳥 串焼大将」をご紹介します。

小樽セピアハイボール探訪・その1 「炭火焼鳥 串焼き大将」
7月から始まりました、北海道エリア情報【札幌100マイル編集長オサナイミカの飲み食べ探訪記】。
2回目は小樽に足を延ばしてみました^^
一軒目に行ったのは、花園町・浮世通りと言われている場所にあります、「炭火焼鳥 串焼大将」。
 
焼鳥屋ですが、ソフトクリームの行燈が輝く、そして建物全体から昭和の匂いが漂う、お世辞にもオシャレとは言えない店構え^^; 内観も・・・かなり味のある雰囲気
 
ちなみに1階はカウンターとテーブル席、奥には畳の小上がり席もあります。そして2階にも小上がりがあるそうです。

こちらのお店は先日めでたく1周年を迎えたばかりなんですが、小樽・塩谷にお持ち帰り店「串焼大将 小樽分店」がありまして、その流れから、こちらのお店でもテイクアウトされる方が多く、この日も開店前から大将の佐々木さんが、黙々と焼き鳥を焼いておりました。
  
そんなお忙しい中、少々恐縮でしたが、喉も乾いておりましたので、まずは今回の最大の目的であります、「小樽セピアハイボール」で乾杯です!

「小樽セピアハイボール」は黒糖が入っているので通常の「ジムビームハイボール」よりセピア色なんです^^
甘さはほんのりという感じで、そこまで甘くないので、とっても飲みやすいんです!
 
まずはお通し。おや?串焼きやさんなのにお刺身?
 
ふと壁を見ると、串焼きメニューよりも目立つ"本日のお刺身1000円"の文字!
実家が鮮魚店を営んでいることから、串焼きはもちろんですが、刺し身も自慢のメニューなんだそうです^^

ということで、その1,000円の刺盛りをオーダーしました^^
お〜!!これで1,000円とは、小樽ってなんてお客さん思いな街〜^0^
  
と、自慢の焼き鳥もやってきました!いつもは塩で食べることが多いのですが、この豚串のタレは「小樽セピアハイボール」に合います!!
っていうか、いわゆる"飲まさる"ヤツです(笑)
大将のお任せでお願いしたのですが、ウズラの卵の月見つくねやカリカリの鳥皮に・・・
 
トマトベーコンや豚シソ巻きチーズ、そしてもちまで!! 

どれもこれも、「小樽セピアハイボール」を飲ませるおいしさでして、あっという間にグラスは空っぽ〜〜

メニューを見ると、先日「札幌100マイル」のサイトでも紹介済みの「赤玉パンチ」(超はつきません^^;)や、肉専用のドライすぎる「ジントニ」(専用のグラスのジンと肉がたまらなくツボ!!)もありまして、

何だか楽しくなってきちゃいました^^
 
赤玉パンチには甘めのタレが合うと思っておりましたが、つぶ串を食べて、やっぱり合うと再認識!!

大将オススメのソフトクリームや、他の串モノも食べたかったのですが、このあともう一軒行く予定でしたので、今宵はこの辺りでオーダーストップ!!

そしてこの後、浮世通りを盛り上げようと、一緒に頑張っているメンバーの郷六さんのお店、「もっきり荘」へ向かうのです^^

第2回目の「札幌100マイル編集長オサナイミカの飲み食べ探訪記」はいかがでしたか?今回ご紹介した「炭火焼鳥 串焼大将」は、以前にもこのサイトでご紹介していますのでそちらも要チェックです。

リンク:「小樽セピアハイボール」が飲めるお店をご紹介!炭火焼やラムと合わせてどうぞ!

また、「札幌100マイル編集長オサナイミカの飲み食べ探訪記」第1回目は、ススキノにある欧州酒場「麦と葡萄」を探訪しているので、そちらもぜひご覧くださいね。

第1回目の連載はこちら
【札幌100マイル編集長オサナイミカの飲み食べ探訪記】第1回目は「欧州酒場「麦と葡萄」

次回をお楽しみに!

<炭火焼鳥 串焼大将>
・住所:北海道小樽市花園3-10-14
・営業時間:17:30〜24:00 (L.O. 23:30)
・定休日:火曜日
・電話番号:0134-23-4411


北海道エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.