キャンペーン・イベント情報 北海道エリア情報
 

【「オールフリー」と楽しみたい北海道の景色シリーズ】第2回目は"シャコタンブルー"の海は必見!「積丹半島」

一度は訪れてみたい、北海道だからこそ見られる絶景ポイントを編集担当タローがご紹介する、"「オールフリー」と楽しみたい北海道の景色シリーズ"。第1回目は、チェックしていただけましたか?

第1回目の連載はこちら
【「オールフリー」と楽しみたい北海道の景色シリーズ】第1回目はコバルトブルーに染まる水辺が印象的な「青い池」

第2回目の今回は、青くどこまでも透き通った"シャコタンブルー"の海で有名な「積丹(しゃこたん)半島」をご紹介します。

積丹半島随一の景観スポット「神威(かむい)岬」
「積丹半島」は、札幌から比較的アクセスも良いので、行ったことがある方も多いのではないでしょうか?積丹半島は、北海道で唯一「海中国定公園」に指定されているんですよ。"シャコタンブルー"と呼ばれる青い海や、切り立った断崖や奇石が点在する景色は、まさに絶景です!

積丹半島に行くとき、まず目的地にするのが多いのが「神威(かむい)岬」だと思います。
ダイナミックな景色を見ながら、日本海へ突き出した「神威岬」の先端へ続く遊歩道を進んでいくと...
ようやくたどり着いた岬の先にある展望広場からは、"シャコタンブルー"の絶景が。また、岬の沖には、積丹半島のシンボル的存在の「神威岩」も見られます。ここから水平線を眺めると、地球は丸いことを実感できますよ。


積丹に来たら絶対食べたい"ウニ"!
神威岬まで歩いてお腹が減ったらグッドタイミング!そんなときにはウニ丼がおすすめですよ。積丹半島にはウニを楽しめるお店がたくさん。これから旬を迎えるウニは外せません!ちょっとお値段は張りますが、ぜひランチには新鮮なウニをたっぷり楽しめるウニ丼をどうぞ。


トンネルを抜けたら広がる絶景!「島武意(しまむい)海岸」
神威岬とウニ丼だけでも十分に積丹半島を楽しめるのですが、ぜひ立ち寄ってほしいのが「島武意(しまむい)海岸」です。透明度が高く、「日本の渚百選」にも選ばれている「島武意海岸」。絶景ポイントまでは、トンネルを通って向かいます。暗いトンネルをドキドキしながら歩いていくと、その先に広がるのは"シャコタンブルー"の絶景!海岸まで降りることができるので、ぜひ近くで見てくださいね。海の底が透けて見えるほどの透明度に驚きますよ。

とにかく"シャコタンブルー"が美しい積丹半島ですが、曇っていると海がきれいな青色にならないのでご注意を。やはり晴れた日を狙って行くのがオススメです!


北海道の観光地巡りには「オールフリー」をお供にどうぞ♪
道内の観光地には、やっぱり車で行くのが便利ですよね。そんな時に、「オールフリー」は絶好の相棒になるはず!

5年連続売上No.1の「オールフリー」は、アルコール度数0.00%、カロリーゼロ*、糖質ゼロ*、プリン体もゼロ**と4つのゼロ。ビールらしい"旨み"と"スッキリした後味"の両方を楽しめます。

※インテージSRI調べ ノンアルコールビールテイスト飲料ブランド 累計販売金額11年1月〜12月(全国SM/CVS/酒DS計) 12年1月〜15年12月(全国SM/CVS/酒DS/一般・業務用酒店計)
* 栄養表示基準による
**100mlあたりプリン体0.5mg未満をプリン体0と表示

ノンアルコールの「オールフリー」なら、車のお出かけでも安心♪これから迎える北海道の爽やかな季節、「積丹半島」を訪れる際には、ぜひ「オールフリー」をおともに楽しんでくださいね!(お楽しみいただいた後の缶は、必ず持ち帰りましょう!)

次は、どんな絶景ポイントを訪れるのか?次回の連載もお楽しみに!


関連リンク
「オールフリー」のサイト


北海道エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.