キャンペーン・イベント情報 北海道エリア情報
 

【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第3回「道産子に欠かせない食文化へ」

ベル食品・公認ワインの「エル グリル」が、北海道のジンギスカンの歴史とベル食品の歩みをシリーズで紹介する特別企画。第2回目では、ベル食品「成吉思汗たれ」の発売当時を振り返りました。

リンク:第2回「成吉思汗たれの発売」

ジンギスカンとベル食品の歴史を辿る連載。第3回は、「成吉思汗たれ」が大ヒット商品へ成長し、道産子にとって欠かせない食文化へと発展するまでをご紹介します。


成吉思汗たれ
ベル食品が「成吉思汗たれ」を発売した当初、売れ行きが伸び悩んだのは、家庭でジンギスカンを食べる習慣がまだなかったことが大きかったようです。
そこで、1958年(昭和33年)ベル食品の社長に就任した山本豊蔵氏が、「成吉思汗たれ」1箱とジンギスカン特製鍋をセットで提案。このアイデアが大好評で、精肉店で羊肉を買ってくれたお客さまにその特製鍋を貸し出していたのですが、回収が間に合わないほどだったんだとか。こうして、「成吉思汗たれ」は少しずつ売り上げを伸ばしていきました。

また、このようなアイデアに加え、ベル食品の地道な営業努力も功を奏しました。栄養士を講師に、問屋を招いた講習会を道内各地で開き、ジンギスカンという料理を広めることに時間と手間、お金をかけていたのだそう。
当時、ベル食品の工場では、ほとんどが手作業で「成吉思汗たれ」を製造していました。ニンニクやリンゴ、タマネギを摺り下ろし、「ニンニクを摺った日は臭いが身体に染み着いてバスに乗れなかった」「タマネギの皮むきも大変な作業で、涙が止まらなかった」などのエピソードが残っているそうですよ。こうしたたくさんの努力のおかげで、「成吉思汗たれ」は大ヒット商品へと成長したんですね。

また、北海道観光ブームがおこり、"ビールとジンギスカン"、"大通公園とトウキビワゴン"など北海道のイメージが定着するのも、ちょうどこの頃。こうしたブームがジンギスカンの浸透に拍車をかけていきました。


花見でジンギスカン
昭和30年代後半に入ると、ジンギスカンは道産子にとって欠かせない食文化へと広がります。中でも花見やキャンプなどの屋外行事では、ジンギスカンの煙と臭いが必ずと言っていいほど立ちこめるようになりました。

さらに、小・中学校で行われる炊事遠足でもカレーライス、豚汁と並んでジンギスカンが定番料理として作られるようになり、ジンギスカン鍋は"一家に一つ"という時代になっていきます。

ジンギスカンが北海道の郷土料理として定着するのは、昭和20年代後半から30年代。当時、簡単に安く手に入った「羊肉」や観光ブームなどの影響はもちろんありますが、ベル食品が「成吉思汗たれ」を発売し、それを売るためにあらゆる努力を重ねたことが大きく影響しているんですね。

いかがでしたか?道民には常識の"お花見にジンギスカン"という組み合わせができたのは、この頃だったんですね!ベル食品の「成吉思汗たれ」の大ヒットが、ジンギスカンが北海道の郷土料理として定着する要因のひとつだったことも興味深いエピソードですね。

そんな「成吉思汗たれ」で有名なベル食品の公認ワインが「エル グリル」。
"グリル料理に合うワイン"として発売された「エル グリル」は、ジンギスカンにもぴったり! ぜひ、ジンギスカンと合せて楽しんでくださいね。
また、ベル食品では嬉しいキャンペーンも開催中です。ふるってご応募ください♪

リンク:【ベル食品公認】ジンギスカンに合うワイン「エル グリル」登場!嬉しいキャンペーンも
※キャンペーン詳細はベル食品のHPをご確認ください

次回は最終回。北海道の食文化として定着したジンギスカンが、全国的な広がりを見せるようになった現在までをご紹介します。次回の連載もお楽しみに!


連載記事はこちら
【「成吉思汗たれ」×「エル グリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪
第1回「ジンギスカンの始まり」
第2回「成吉思汗たれの発売」
第4回「全国区となったジンギスカン」


北海道エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.