キャンペーン・イベント情報 北海道エリア情報
 

【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第2回「成吉思汗たれの発売」

ベル食品・公認ワインの「エル グリル」が、北海道のジンギスカンの歴史とベル食品の歩みをシリーズで紹介する特別企画。第1回目では、ジンギスカンの始まりを紹介しました。

リンク:第1回「ジンギスカンの始まり」

ジンギスカンとベル食品の歴史を辿る連載。第2回は、ジンギスカンが北海道の郷土料理となり、ベル食品「成吉思汗たれ」の発売された昭和20年代後半をご紹介します。


北海道の郷土料理へ
ジンギスカンが北海道の郷土料理として広がりを見せるのは、昭和20年代後半。1951年(昭和26年)頃、滝川の飲食店が種羊場のジンギスカンに目をつけ、のちに羊肉をたれに漬け込む「松尾ジンギスカン」のスタイルが登場しました。また、1953年(昭和28年)に、札幌の月寒(つきさっぷ)に「成吉思汗倶楽部」が発足するなど、ジンギスカンを食べる飲食店が少しずつ増え始めました。

そして1956年(昭和31年)にベル食品が「成吉思汗たれ」を発売。知名度は広がっていたものの、家庭料理としては認知されていなかったジンギスカンが、「成吉思汗たれ」の登場で、より身近な食べ物へと発展することになりました。

昭和30年代の北海道は、高度経済成長期へと進んでいましたが、肉類などの食品は豊富ではなかったので、他の肉類に比べ安く、手軽に入手できる羊肉を使ったジンギスカンが受け入れられました。
また、この頃は飼育1年以上の「マトン」が多く流通されていて、生後1年未満の「ラム」に比べ、羊肉独特の臭みが強かったのだとか。そのため食べなれない人には、臭みを敬遠し、「ジンギスカンは苦手」という人も多かったそうです。
鮮度が良ければこの臭みも少ないのですが、羊肉の産地から遠い東京などで「ジンギスカン」が定着しなかったのもここに原因があったんですね。


ジンギスカンが家庭に浸透
ベル食品が「成吉思汗たれ」を開発した経緯は、その少し前に「つゆの華」というそばつゆを発売したことに由来するのだそう。市販のめんつゆがない時代にいち早く開発、販売されました。ジンギスカンのたれも同じように、当時市販されているものがなく、羊肉を扱う精肉店が手作りで販売したり、一部の家庭では手作りしていたのだとか。そんな中、発売された「成吉思汗たれ」でしたが、順風満帆の売り上げではなかったそうです。

今では見慣れた中央が盛り上がったジンギスカン鍋もこの頃は珍しく、どの家庭でも常備されるようになるにはもう少し時間がかかります。もともと北海道の農家では、羊毛を採るために数頭の羊を飼育するケースも多く、羊肉を食べる習慣は農村が中心でした。戦後の食糧難時代には、羊肉は貴重なタンパク源として重宝されますが、"羊肉=ジンギスカン"となるのは、昭和30年代中頃以降になります。

いかがでしたか?北海道には、ジンギスカンが浸透するバックグラウンドがあったんですね。今では、誰もが知る「成吉思汗たれ」も、発売当初は順調でなかったのは驚きでした。

そんな「成吉思汗たれ」で有名なベル食品の公認ワインが「エル グリル」。
"グリル料理に合うワイン"として発売された「エル グリル」は、ジンギスカンにもぴったり! ぜひ、ジンギスカンと合せて楽しんでくださいね。
また、ベル食品では嬉しいキャンペーンも開催中です。ふるってご応募ください♪

リンク:【ベル食品公認】ジンギスカンに合うワイン「エル グリル」登場!嬉しいキャンペーンも
※キャンペーン詳細はベル食品のHPをご確認ください

次回の連載は、「成吉思汗たれ」が大ヒット商品へ成長し、ジンギスカンが道産子にとって欠かせない食文化へと発展するまでをご紹介しますよ。次回の連載もお楽しみに!

この記事の感想やコメントは、記事下の「いいね!」ボタンからお寄せくださいね。


連載記事はこちら
【「成吉思汗たれ」×「エル グリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪
第1回「ジンギスカンの始まり」
第3回「道産子に欠かせない食文化へ」
第4回「全国区となったジンギスカン」


北海道エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.