キャンペーン・イベント情報 北海道エリア情報
 

上川地域の「『君の椅子』プロジェクト」が、「第37回サントリー地域文化賞」を受賞!

北海道の上川地域で行われている「『君の椅子』プロジェクト」が、「第37回サントリー地域文化賞」を受賞しました!

「サントリー地域文化賞」は、公益財団法人サントリー文化財団が、地域文化の発展に貢献した個人や団体を顕彰するものです。1979年に制定されてから30年以上にわたって、全国の地域文化活動の発展・向上を願い、活動を続けてきました。
37回目を迎える今年も、全国で5団体が「サントリー地域文化賞」を受賞し、そのひとつが上川地域の「『君の椅子』プロジェクト」です。
北海道での受賞は、2010年の釧路市「北海道くしろ蝦夷太鼓」以来5年ぶりの受賞になりました!

■「『君の椅子』プロジェクト」とは
北海道上川地域内の5町(東川・剣淵・愛別・東神楽・中川)で生まれた子どもたち全員に、その地域で作られた椅子をプレゼントする「『君の椅子』プロジェクト」。「生まれてくれてありがとう。君の居場所はここにあるからね」というメッセージを込め、名前、生年月日、一連番号が刻まれた椅子が贈られます。

上川地域は家具のまちとしても知られている旭川市を中心に、全国各地から家具職人が集まるエリアです。そんな上川地域には、以前から子どもの誕生を地域全体でお祝いする文化があり、当時の旭川大学特任教授(当時)である磯田憲一氏が「誕生する子どもを迎える喜びを地域で分かち合いたい」と、大学院の学生と一緒に、旭川家具を活用することを考案したのが「『君の椅子』プロジェクト」のはじまり。

毎年変わる椅子のデザインは、家具の専門家だけでなく建築家や美術家も一緒に担当し、デザイナーと職人がお互いに意見交換しながら制作していきます。毎年、妊婦さん同士が「どんなデザインの椅子がもらえるのか」と、楽しみに待つ会話も聞かれるのだそう。


■北海道の無垢材にこだわった椅子
「君の椅子」に使われるのは、北海道の無垢材。2014年からはその木材を安定して供給できるよう、中川町や北海道大学と「木材安定供給協定」を結びました。木材の生産地は地区名まで把握して、生育地を地図で示し、製材から制作に至る全ての工程を「木のプロフィール」として記録する仕組みづくりを行いました。

こうして、地元の材と技術を用いて、地元の子ども達にプレゼントするという、「文化の地産地消」が実現したのです。

「『君の椅子』プロジェクト」は子どもの誕生を祝う上川地域の文化の一つとして道外からも注目されはじめていて、全国に広がっていく兆しを見せています!
「君の椅子」は北海道上川地域内の5町(東川・剣淵・愛別・東神楽・中川)のほか、現在は長野県売木(うるぎ)村も合わせて、6町村で生まれた子どもたちが対象になっています。また、自治体の枠を越えて個人で参加できる「君の椅子倶楽部」も2009年に誕生しました。
「君の椅子倶楽部」は全国どこからでも参加できるので、「君の椅子」をこれから生まれる子どもへプレゼントしたい、プロジェクトの願いに共感した、という方は、ぜひPC・スマホより「君の椅子」のサイトからお問合せくださいね。

9月30日には、「サントリー地域文化賞」の贈呈式を東京にて行う予定です。贈呈式の様子や、「『君の椅子』プロジェクト」の詳しい内容などは、このエリア情報サイトでご紹介していきますので、お楽しみに♪


北海道エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.