キャンペーン・イベント情報 中国・四国エリア情報
 

【ボジョレーヌーヴォー通信】今年のぶどうの出来ばえは?各県の特産物が入ったおすすめレシピとともにご紹介♪

秋といえば、収穫の季節。皆さんおなじみ「ボジョレーヌーヴォー」のぶどうも、畑で収穫を待つばかりとなっています。
今年の「ボジョレーヌーヴォー」は、11月19日(木)に解禁!少〜し早いですが、今年の「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」の出来ばえと、中国・四国エリアの皆さんにむけて「ボジョレーヌーヴォー」と楽しみたいレシピをご紹介します。
今年の「ボジョレーヌーヴォー」も期待できそうですよ、皆さんお楽しみに!

■「ボジョレーヌーヴォー」とは?
「ボジョレー ヌーヴォー」は、フランス・ボジョレー地区で夏の終わりに収穫したぶどうを、その年のうちに仕上げた新酒のことです。ぶどうの収穫に感謝するとともに、その年のぶどうの作柄を確かめるためにつくられたとも言われていて、フレッシュでいきいきとしたおいしさが魅力です。
毎年11月の第3木曜日に解禁となり、"旬を味わう、旬のワイン"として、世界中で楽しまれています。今年は11月19日が解禁日です!

■「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー」ご紹介
サントリーがお届けするのは、「ジョルジュ デュブッフ」ブランド。
「リヨン・ボジョレーヌーヴォーワインコンクール」受賞歴No.1を誇る醸造家、ジョルジュ デュブッフ氏によって磨き上げられたランナップです。その中からおすすめ2種についてご紹介しますね。

・「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2015」(赤)
赤や黒の果実を思わせる、フレッシュ&フルーティでバランスの取れた味わい。ラベルは、感謝の花言葉を持つ、ひなげし、バラ、ダリアを中心にしたブーケをイメージしました。

・「ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュヌーヴォー 2015」(赤)
ボジョレー地区の中でも特に良質のぶどうが採れる、ボジョレー・ヴィラージュ地区の畑のぶどうからつくったワンランク上のヌーヴォー。フルーティさが凝縮した深みのある味わいが特長。華やかでありながら、繊細な香りと味わいを存分にお楽しみください。

■今年のぶどうの出来ばえは?
ぶどうの収穫を迎えたボジョレーからの便りが届きました。
「ボンジュール! デュブッフ社のアドリアンです。地中深く根を張るぶどうは病気になる事もなく、健康なまま収穫日を迎える事が出来ました。 今年のぶどうの実は例年に比べ小さく、収穫量も少ないと予想されていますが皮も厚く、濃度の高いジュースを湛えています。
この時期からの収穫はグレートヴィンテージとされる2009年、2011年を思い起こさせるものがあり期待が現実になりつつあると実感しています。」

小さくても濃度の高いジュースが採れるぶどうが収穫されたようで、今年の「ボジョレーヌーヴォー」も期待できそうですね。どんな味わいになるか皆さん、お楽しみに!

■「ボジョレーヌーヴォー」に合うレシピをご紹介♪
「ボジョレーヌーヴォー」は軽く冷やして(14〓16℃ 程度・冷蔵庫の野菜室ぐらい)飲むのがおすすめ!今回は、そんな「ボジョレーヌーヴォー」によく合う、各県の特産物を使ったレシピをご紹介します。
※詳しいレシピは、パソコン・スマートフォンよりご覧いただけます。

・かきの天ぷら(広島)
広島といえば"かき"!そのかきをフライではなく、天ぷらにして塩で食べてみてください。風味豊かな「ボジョレーヌーヴォー」とかきのハーモニーが楽しめますよ。かきはしっかりと水分を拭き取ってから揚げると、カラッとしあがります♪

・チーズ入りオムレツのきのこクリームがけ(島根)
ホワイトソースのオムレツは、ボリュームたっぷり!とろ〜りチーズが入っていて、「ボジョレーヌーヴォー」との相性も抜群ですよ。ぜひ、島根の新鮮なまいたけを使ってくださいね。

・チキンとうずら豆のトスカーナ風煮込み(愛媛)
こちらの料理は、愛媛の媛っこ地鶏を使ってじっくり煮込んでください。ぷりぷりの鶏と、うずら豆の煮込み料理は、大満足の一品!ついつい「ボジョレーヌーヴォー」も進みます♪

今回ご紹介出来なかった県のレシピは、次回の「ボジョレーヌーヴォー通信」でご紹介予定です。ボジョレーの畑のぶどうに想いを馳せながら・・・解禁を楽しみお待ちください!


中国・四国エリア キャンペーン・イベント情報一覧 
$FEサントリーモバイルTOP$GV
$E4サイトマップ
$E#メルマガ会員登録
 
ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。
(C)SUNTORY HOLDINGS Ltd.